忍者ブログ
DEATH NOTEのL・M・Nへの愛を語るブログです [※ネタバレ有り]


2月23日(土)の、全国縦断弾丸舞台挨拶ツアーのチケットの話なんですが・・
松LたんFANの友達と協力して、(・・てか、協力を半ば強制されてw)
私が京都、その友達が大阪担当で、それぞれチケットを買いに行ってきました。

三条通りっていう通りから、新京極と呼ばれる通りを曲がるとすぐに・・
ナイトメアの等身大ジャックがぶらさがってるお店があるんですよw
ジュオンちゃんwあの写真のジャックだよ♪その日も元気にブラさがってたよ(笑w)
そのお店の、ほぼ斜め向かい辺りに・・MOVIX京都があります。
『 L change the WorLdの舞台挨拶のチケットは隣の南館で売ってます』
・・とか、看板がありました。
行ってみたら、もう既に、ソレっぽい行列が出来てましたw

早速並んでみました~w
道行く人が次々に何か言ってますw
『何?この行列!』とか『L!L!!』とか『本物が来る!!』とかww
並び始めてしばらくの内に、『無理かな~★』とか思えてきました。
だけど・・
ここで並んでる周りの人がみ~~んな、Lか松山ケンイチくんのFANだと思うと、
ここに来れただけでも、何だかよかったかも~vv
・・とか、思えてきましたw

・・で、案の定、買えなかったのですよ~~★
あはは・・
Lを・・っていうか・・

京都を舐めていた・・☆

せめてチケットを売り出す30分前くらいにでも来る事が出来れば、
ひょっとしたら買えたかなぁ~??
この前、『無理だよロジャー』とか言ってた私でしたが、
出来れば・・

やればできる子w

・・に、なってみたかった・・ww

・・一方友達の方なんですが、
頑張って梅田ピカデリーまで行ったそうなんですが、
やっぱり駄目だったらしくて~~★
その友達から聞いた話では、
並んでる人が200人突破したとか、
早い人は、昨夜の7時半から並んでいらっしゃったとか・・
すごい~~vvその方、G★J~~vvv
京都の方はどうだったのか知りませんが、やっぱり大阪は何かがすごい~w

それはそうと・・
普通、コンサートとか何でも、
大阪に来たら次は名古屋って感じで、京都は無視されるのですが(笑)
それなのに、こんな過密スケジュールで、わざわざ京都にも来てくれるなんて、
何だか、それだけでもすごい感動なんですけどvvv
コレ・・Go on効果とかだったりして、松ケンの一存だったらいいなぁ~・・vv
(なんてね~~ww)
あ・・そう言えば、2月11日放送のGo onのレポート、まだだったよね(汗☆)
松ケンがね、京都の学生さんをすっごく気に入ってくれてたんだよ~vv


ではでは、映画の感想の続きです。

 

映画『 L change the WorLd 』のネタばれがあります。
(一部、『L FILE NO.15 』のネタばれもあります)
御覧になってない方は、純粋に映画を楽しむ為にも、
この感想を読むのは御遠慮された方がよろしいかと思います。



【120日後 タイ・バンナム村】

最初、このおかしな防疫服の人達は、
ウイルスで苦しむ村人を助けに来た救護班だと思いましたよ。
殺人ウイルスの開発に、過疎の村の人間を人体実験ですか・・・
悪魔の研究ですね・・・。

助けを求めてる村人が、『エル~ エル~』
・・って、言ってる様に聞こえたのは・・私だけですかね??(←空耳)
(タイ語はまるでわかりません☆)

『BOY!』
なんでこの子、“BOY”って呼ばれてるのかと思ったら、
最初にFさんが、そう呼んでたんですね。でも何でだろう・・
この子もLと同じ・・

“名も持たない孤児”

・・だったのでしょうか・・?


【消滅させられた村】

このシーン怖かったです・・・怖くて泣きそうでした・・・。
爆撃機から、無慈悲に爆弾が投下されてしまう・・
それを見つめている村人の、
今、何が起こっているのかさえ解らない・・そんな目が、怖かったです・・。
規模は違いすぎますが、広島の原爆の映像とか、思い出してしまいました。
(やってる事は変わりませんが・・)
ウイルス兵器の開発の為に、人体実験をしていた事を隠蔽する為、
そしてここで使われたウイルスそのものを消滅させる為?
村そのものを破壊する・・・
あまりにも残酷すぎます・・。


【FとBOY逃走】

BOYを助けてくれるFさんがカッコいいです~vv
でも、どうして“つなぎ姿”なんだろう~??(←どーでもいい)

『0105928147218』
物覚えのいい子なら、コレを聞いた直後なら、
すぐ復唱する事も出来ると思うんですよ。
でもBOYのすごいとこは、一度聞いたら書きとめなくても、
電話をかけるまで、この番号をちゃんと覚えてた事ですね。(IQ高いぞ~~vv)

『Watari will protect you(ワタリが君を守ってくれる)』
このFさんの言葉、好きです・・。何だかあたたかくて優しい・・vv
ワイミーズハウスへの番号を教えたり、暗号を教えたり・・
もうこの時点から、
自分の手でBOYを送り届ける事が不可能だと、覚悟してるんですよね・・。

『Good luck, BOY』
ペンダント・・ブチって切って外した様に見えたのに、
ちゃんと付けてあげてる~w
でもシチュとしては、Fさんはブチっと切ってしまいそうだしw
でも本当にペンダントの鎖を切っちゃったら、
BOYに付けてあげられないし~☆
その場面に似合うシチュエーションと、実際問題とのギャップって、
難しいですねwww(あと、そんなに気にする場面でもないし☆)

ヘリとトラックのカーチェイス(・・って言うと変ですか?ヘリ相手だし☆)
原作デスノートでもLがやってたしvvv
他の映画とかでも、結構好きなんですけどね・・
何がいいって、ヘリ相手に頑張って逃げる車も面白いし、
車相手にヘリで追いかけるっていうのも、やり過ぎな感じが面白いしw
車の前に、ヘリが立ちはだかる・・ってシチュも好きなんですけど・・
・・だけど、今回のはまた・・残酷すぎました・・。
もう万事休す・・と、観念して、目を閉じるFさんが・・・
何だかFさんって、ほんの少ししか登場しない人だけど、すごい・・!!
自分の任務が、死と隣り合わせな程に危険だとか、
そういう事も全部、既に覚悟が出来てる人なんですよね・・。
ワイミーズの人間って、やっぱりすごいです・・。

Fさんの乗ったトラックが、爆発炎上するのを見てるBOYが可哀想・・・。
BOY・・何となく、Fさんの事は慕ってたみたいだったのに・・。


【ワタリの執務室】

『Fがタイで死にました。任務中のことですから、仕方ありませんが
ワタリにとっては、
ワイミーズの子は全員、自分の子供達の様なものなのでしょうか・・・。
特に目をかけてる子は、本当にそうなんでしょうね。
(私としては、Lだけを一番可愛がってるんだと思い込みたいですがw)

L・・・何もこんな時に・・・キラとの決着を決めなくても・・・
でもこの頃、海砂が第二のキラである事が確定していて、
決着をつける時が近付いてたんですよね・・
すり替えておいた海砂のノートを手に・・
ワタリの目の前で書くなんて・・・・・・

『海砂のノートですね。誰の名前を書いたんですか?夜神月ですか?』
Lがキラとの決着を付ける為に、夜神月の名前をデスノートに書く・・?
そんなキラ的なやり方・・
Lのやり方ではない事は、ワタリが一番よく解ってると思うんですよ・・。
だけど、他に考え様が無い・・考えたくもない・・
Lが、自分の名前をデスノートに書いてしまっただなんて・・・・・

『これが、デスノートに書きこまれる、最後の名前です
相手は、殺人ノートを操る死神の様な男で、
決着をつける為には、それしか方法がなかったLも・・
そんな方法をLが選択してしまった事に、
悲しみを堪えて、黙って従うしかないワタリも・・
とても可哀想でした・・・・・。

だけど、この時のLはまだ・・
自分がデスノートに名前を書けば、ワタリがどれほど苦しむかを・・
・・その苦しみは十分、理解してはいるけれど、
冷静すぎるあまりに、どこか麻痺していて・・
何かひとつ、理解できていない部分もあったのでは・・と思うんですよ。

だからLは、ワタリの目の前で、サラサラと自分の名前を書いてしまえる・・。
自分の命に対しては冷徹な程に、
この世界の平和と引き換えになら、諦めようと決心出来てしまう・・
まるで・・生きる事にはそれほど執着心を感じていない様な・・・
そして、自分のいない世界に残して置いていけないような、
護るべき何かを、ひとつも持っていない様な・・・
これまでLは・・そういう事には無頓着な生き方をしてきたせいでしょうか・・。
・・・だとしたら、寂しすぎます・・・。

『キラという大きな悪を止める為の、小さな犠牲です
L・・・!!
月並みな言い方しか出来ないけど・・
小さくなんかない・・・
それはこの世界にとって、大きな犠牲ですよ・・・!!!
そして、大きな悲しみです・・・・・。
Lが自分の事を、そんな風に言う事自体・・
とても悲しい事です・・・

本当に・・Lにひとこと・・・

『生きたい』と言ってほしい・・・

『あと23日ですか。』
悲しみを堪えて、Lと共に過ごせる、残りの日数を確認するワタリ・・・。
どれほどの悲しみを飲み込んで、平静を装ってるんだろうと思う・・。
・・この後、苦しい胸の内を、日記にだけ残すんですよね・・
そして・・Lに残された日々を、共に過ごしてやろうと誓う・・。
そんな優しいワタリの、ささやかな願いくらい、
かなえてあげてほしかった・・・。

・・後になってふと我に帰る・・☆
L・・デスノートに・・日本語で書いてたね・・・
前作の後編でそうしちゃったんだから、仕方ないか・・。
(・・てか、今更そんなとこに突っ込むな★)←既に突っ込まれし尽くしたネタだったりして

 

映画『 L change the WorLd』 感想[3]に続きます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]

[15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
■ CALENDAR ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ Click募金 ■

東日本大震災
クリック募金

一日一回だけ
1クリックするだけで
募金が出来ます

■ PROFILE ■
L至上主義

Author : 海羽 恵瑠
     (MIU MEGULU)

 DEATH NOTEのLが好きです
 Lに恋をしてます
 原作のLが好きです
 アニメのLが好きです
 映画の松Lが好きです
 松山ケンイチくんも好きです
 ねんどろいどのLが好きです
 他のフィギュアLも好きです
 カッコいいLが好きです
 男前なLが好きです
 気持ち悪くて変なLが好きです
 負けず嫌いのLが好きです
 可愛いLが好きです
 どんなLでも愛してます
■ LIVLY ■
Lって名前のリオンが住んでます♪

■ LINK ■
* 無断リンク失礼致します *
■ QUESTION & BATON ■
こちらから御自由にお持ち帰り下さい
Lを愛してる人への31の質問
配布中です♪
↑click hear
■ SEARCH ■
■ BARCODE ■
† L's cake & toy box † 映画 L change the WorLd 感想[2] Produced by 海羽 恵瑠 (みう めぐる) 
PR
 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ