忍者ブログ
DEATH NOTEのL・M・Nへの愛を語るブログです [※ネタバレ有り]

(多分、このタイトル・・この前の平清盛のパクリだろうな・・☆)



11月5日・・・

この日になると、毎年・・・

様々な想いが駆け巡ります。

どうして誕生日と命日がこんなにも近いのかという事も、
そのひとつで、
ひとしきり誕生日を楽しく祝ったかと思えば、
すぐにも、この忌まわしい日がやってくるのです。

今となっては、
Lの死をちゃんと悼みたい気持ちと、
Lは私の中で生きているという、矛盾した気持ちが、葛藤し合っていて、
結局いつも、よくわからない気持ちのまま、
この日を迎えている様な気がします。

現実的には、
Lは、月の謀略によって、レムにノートに名前を書かれて殺された。
私の中で生きていると言うのは、都合の良過ぎる妄想でしかない。

だから、Lを死に追いやった月を憎み続けながら、
何年経ってもLが死んだ事を悲しみ続けるのが道理・・

だけど人間というものは、
リアルでも2次元でも、
そんな事を何年も何年も続けていると、
精魂疲れ果ててしまうものだと思うんです。

そんな時に、救われる言葉として、

神様は、人が人を許す事を望んでいる

・・例え神様が望んでいなくても、
自分の本当の心が、それを望んでいる事に気付いた事があります。

夜神月の事です。

Lが死んでからというもの、
あの顔を見るのも嫌で、
アニメの第2部などは、画面に出てくる度に気分が悪くなり、
メロやニアの出現に、どれだけ救われたか知れません。

そして私はずっとずっと・・

気が付けば夜神月の悪口を言い続けていた・・・

まるでそれが当然の事で、正しい事だとでも言うように。
悪い事を正当化しようとするなんて、
まるでイジメの首謀者みたいでゾッとしますね。


人の気持ちというものは、
なかなか上手くコントロールできないものです。

怒りにまかせて吐き出した言葉の中には、
あまりにも稚拙過ぎて、後で読むと気分の悪くなるものもありました。

そんな時、ちょっとLに訊いてみたくなるのです。

Lを愛している私が、夜神月を憎み続けている事を、
あなたは望むのですか?
・・・と。

これは私の勝手な妄想でしかありませんが・・・

Lは、望まないと思います。

自分の事で、自分を愛している誰かが、
憎しみに苛まれて苦しみ続ける事など、
Lなら望まない様な気がします。
また、それを望む様な彼なら、
こんなにも好きになる事はなかったのでは・・とも思います。

そして、こんな疑問も考えます。

Lは死の直前に、
夜神月を憎みながら死んでいったと思いますか?

それも答えは “ NO ” だったと思います。

彼の身体に心臓麻痺が起こった瞬間・・
デスノートによってやられた・・私の負けだ・・
・・とは思ったかもしれませんが、
最期に見た、夜神月のキラの顔・・
アレを見た瞬間、
ずっとハッキリとした答えの出なかった自分の推理が正しかった事に気付いて、
むしろ、満足して死んでいった・・・。
そこだけは、間違いないでしょう。

そして、
自分以外の人、ワタリに手を出す事は許せなかったかもしれませんが、
自分の生への執着心は、普通の人ほどにはなかったのではないかと・・・

何よりも、キラとの対決に、自分の命まで賭けていたLだったので、
キラ捜査を最後までやり遂げられなかった事への悔しさの方が、
大きかったのではないかと思います。

Lは、25歳まで生きて、
ワタリに出逢ってからは特に、

精一杯、生きたいように生きた・・!!

それならば、
Lが夜神月に出会った事は、
彼にとってのプラスであったのか、マイナスであったのか、
吉であったのか、凶であったのか、
L本人に訊いてみたいです。

Lは多分・・・・・・・

殺されたので凶ですが、マイナスではありませんでした。

とか、答えそうな気がします。
(もちろんこれは、私の妄想ですが)

そして、

月くんに出会った事は、
私の人生の中で、最も興味深い出来事でした。


そんな事を言ってくれそうな気がしています。

そう気付き始めた頃から私は・・
夜神月の事を、以前の様にバカみたいに憎むのをやめようと
思ったのです。

月を憎むより・・・
今まで、決して人の前に姿を見せる事のなかった安楽椅子探偵が、
捜査の為に、日本捜査本部の前に姿を現し、
夜神月の前に立ち、自分の正体を明かして、堂々と対峙した。
Lをそこまで執着させた、夜神月の事を、
憎しみや偏見などの固定概念を取っ払った目で見た方が、
面白いんじゃないかと・・
そう思えたのです。

月を許す・・・
いえ、罪そのものは、到底許されるものではありませんが・・

月を憎む事をやめてからは、
心の中の苦しみのひとつがはずれたかの様に心が軽くなり、・・
Lの死による苦しみから解放された気がしました。

それと同時に、
人を憎む事って、重くて苦しくて、辛い事ばっかりだったんだと気付きました。

Lに教えられたんだか・・月に教えられたんだか・・?
でも、自分の人生にとっては、大切な事だと思いました。

今では月を以前より冷静に見る事が出来、
そうすれば、『デスノート』という物語の面白さが、
更に引き出されてくる事にも気付きました。

Lを愛してる方には、
私のこの考えは、受け入れられないかもしれません。

だけど出来れば・・
Lを愛している方にこそ、
憎しみを解いて、悲しみを解き放ってほしいのです。

・・・今回、私が語り綴った事こそ、
なんて都合のいい妄想ばかりなんだと、自分でも思いますが・・

それがプラスに向かう考え方ならば、
憎しみと共にマイナスに向かうよりは、よっぽどいい・・
これが私の考えです。



さて、Lの命日っぽくない話が続いたので、
ここからは静かに、Lの死を悼む気持ちになりたいと思います。

巷で聴いた歌の歌詞の中に、
大切な人を失った時に聴くと、心に沁みそうなものを見つけました。
少し紹介します。


初音ミク 『Dear』

逢いたくて 逢いたくて
声にならない声で
君の名前を呼び続ける
悲しくて 苦しくて
独りの夜が怖いから
夜空見上げて 
君を探してる・・・


この歌を使った、松Lの動画を観たんです。
君の名前を呼び続ける
君を探してる
ここがすごく切なくて・・。



山崎まさよし  『One more time,One more chance』

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向かいのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに

いつでも捜しているよ どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに

命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど


寂しいと・・いる筈のない場所まで、
捜してみたくなるんですよね・・・
私も一番寂しかった時、街の中で捜してた気がする・・
何か・・何でもいいから、Lに似た人、物はないかと・・。



後白河法皇が歌っていた『梁塵秘抄』

よるひるあけこしたまくらは

(夜も昼もあけてさびしくなった私の手枕は)

あけてもひさしくなりにけり
(誰もいなくなってもうずいぶんと経った)

なにとてよるひるむつれけむ
(どうしてあんなにも夜も昼もむつみ合ったのだろう)

なからへさりけるものゆへに
(長くは一緒にいられなかったからだ)

この今様は、後白河法皇が一番寵愛した滋子が死んだ後に、
悲しそうに歌ってました。(『平清盛』にて)
長く一緒にいられなかったから・・
この部分がとても辛くて・・
私も、Lを好きになってから喪うまでが、本当に短くて・・・・・・
この歌で、それを思い出して・・切なかったです。


今回、本当にいろいろ勝手な事ばかり喋りましたが・・・
改めて・・

今日だけは、Lの御冥福を祈りたいです・・・


拍手[2回]

[887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877

<< あ…☆ HOME HAPPY BIRTHDAY DEAR L >>
■ CALENDAR ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ Click募金 ■

東日本大震災
クリック募金

一日一回だけ
1クリックするだけで
募金が出来ます

■ PROFILE ■
L至上主義

Author : 海羽 恵瑠
     (MIU MEGULU)

 DEATH NOTEのLが好きです
 Lに恋をしてます
 原作のLが好きです
 アニメのLが好きです
 映画の松Lが好きです
 松山ケンイチくんも好きです
 ねんどろいどのLが好きです
 他のフィギュアLも好きです
 カッコいいLが好きです
 男前なLが好きです
 気持ち悪くて変なLが好きです
 負けず嫌いのLが好きです
 可愛いLが好きです
 どんなLでも愛してます
■ LIVLY ■
Lって名前のリオンが住んでます♪

■ LINK ■
* 無断リンク失礼致します *
■ QUESTION & BATON ■
こちらから御自由にお持ち帰り下さい
Lを愛してる人への31の質問
配布中です♪
↑click hear
■ SEARCH ■
■ BARCODE ■
† L's cake & toy box † 悲しみと憎しみの狭間で… Produced by 海羽 恵瑠 (みう めぐる) 
PR
 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ