忍者ブログ
DEATH NOTEのL・M・Nへの愛を語るブログです [※ネタバレ有り]


『 L change the WorLd 』のDVDを買ったら、
【セカンド・インプレッション】っていうのを書いてみようと・・

まぁそれは・・
当初は、簡単なもので終る筈だったんだけど、

実際に書いてみたら、とりあえず・・一回では終われなかった☆
(・・・・・・・・・何なんだ自分・・・・・・★)

改めてDVDを見直すと、
映画館で観た時には気付かなかった事にも気付けたりして、
(そんな大した事ではありませんがw)
結構、楽しいですvv
もっと、何度も何度も観直してる内に、
もっと、いろいろ気付く部分もあるのかもしれませんw

以前に書いた感想文と、かぶる部分もあるかもしれませんが、
改めて気付いた部分ばっかりを、抜粋した感想文なので、
前より、簡単な感想文だと思います。

 

映画『 L change the WorLd 』のネタばれがあります。
御覧になってない方は、
この感想を読むのは、御遠慮された方がよろしいかと思います。



【南空ナオミ 突入計画】
車中でレイさんと話す南空さん。
それまでレイさんと目を合わせて喋ってるんだけど、
『高みの見物って日本語、知ってる?』
ここで南空さん、
ちゃんと、ビデオカメラの方に目線を合わせて言ってましたねw
これはLに向けて言ってるのだとは気付いてましたが、
微妙~な目線まで気付いてませんでしたww

この後も、
南空さんの、カメラの向こうで観てるLへのウインクとか、
最高です~vvv


【Lの部屋】
改めて見渡すと、なんて殺風景な・・w
でも、レンガ造りって、ちょっといいですね~vv
言い様のない、虚しさや、寂しさが漂ってる感じで・・。

まだキラ事件前で、Lの声の調子が、無機質ですね。

『ワタリ、私はあなたが・・いてくれれば、幸せです。』
ワタリの、静かに幸せを噛みしめてる様な・・
それでいて、ぐっと喜びを堪えてる様な表情がいいですvv

この頃のLは、表情がとっても幼く見えます。
(その後、子供達の前にいたLは、すごく大人な表情をしていたから・・)


【タイトル】
DVDを買ったら、このカッコいいタイトルの感想を、
ちゃんと書こう~~!!・・って思ってましたvv

霧がかかった様な、暗闇の中から現れる、銀色の“L”の文字。
その文字は、水というよりは、油の様な水面に、ドロ~リ・・と映っている・・。
そして、バックにかかっているこの、出だしが勇ましい感じの曲・・・!!
この3つ合わせて、
鳥肌が立つほど、カッコいい!!!・・と思いました。

映画のLは、原作のイメージよりも、もっと華奢な感じで、
少し儚げで、可愛いイメージの方が強かったのですが、
このタイトルを見て、デスノート前編・後編よりも、
更に強い“L”を感じました。

“L”という文字の中に映し出されるL・・
“L”という文字を、“VS”のかわりに・・対峙する、夜神月とL・・

個人的に、Lが椅子に乗って、くるくる~っと回るシーンは、
可愛さと妖艶さを足して2で割ったみたいで、大好きですvvv

“KIRA”という文字と、夜神月・・
この不敵に笑う、不気味で恐ろしい表情・・
Lの最強の敵=夜神月・・って感じがいいです~~!!

“L”と“change”いう文字と、L

“W”と“change”いう文字と、ワタリ

そして、“K”と“change”いう文字・・
赤い文字でなぞられた方の“K”は、何となく・・バツの様にも見えます・・

そして立ちあがるLと、それに重なる“L”という文字・・

キラ事件を経たLが・・
最期に、もう一度立ち上がり、
そして何を変えようとするか・・
そんなタイトルだと思えました。

曲の始まりは、何となく不気味さを漂わせながらも、
勇ましい感じで始まり・・
すぐに、悲しげな雰囲気へと変わる・・・
今までに起こった事を整理しつつ・・
この物語が・・
数奇な運命と闘いながらも、残りの23日間、精一杯生きた、
Lという人物の物語だと・・
そう囁いてくれるかの様な、哀しい旋律・・・
そして、曲の終わりには、
そうして立ち上がった様が、静かに力強く表現されてる・・
この曲、大好きです・・!!

この曲を聴いて以来、川井憲次さん(音楽)のファンです~~!!
(CD買って、ちゃんと聴かないと・・☆)←ファン失格★


【タイ バンナム村】
この映画を観て以来、
F役だった波岡さんが気になって仕方ないんですがw
(TSUTAYAのCMとかw)
波岡さんって、『 L change the WorLd 』のF役が、
一番カッコいい顔に見えるんですが・・
・・って言うか、他の役の時と比べると、顔が変わって見えるんですが・・
・・・・・・気のせいですか??

バンナム村・・ほとんど現地の人だけど、
日本人俳優さんも混ざってますよね~!
それも、よく見かける様な俳優さんが。
(↑爆弾投下の時、振り返ってるふたりの事です)
こんな名もないタイ人の役に・・!!
だけど、この時の恐怖に竦んだ表情が、
この後の、村が消滅するほどの大爆発への、恐怖を駆り立ててくれたのですよ。

BOY役の福田響志くんが、
等身大BOY人形(笑)と一緒に映ってる写真を見た事があるのでwww
きっと、この時のトラックで逃走するシーンに使われてたんでしょうね~??
だけど・・きっとあの影がBOY人形~~ww
・・っていうくらいしか、判別出来ない~~ww
(ある意味、人形って判ってしまったらダメでしょ☆)


【ワタリの執務室】
このシーンでは、Lとワタリのセリフや行動にばっかり目が行き過ぎて、
背景がほとんど全く見えてませんでしたw
一緒に観に行った友達が、
やたらと『マカロン、マカロン』と騒いでいたのですがw
本当だ~~vvマカロンがいっぱい置いてある~~vv

ワイミーズからのメールに、
『Must select someone to take over investigation.』
・・って、
『調査を引き継ぐ誰かを選ばなければなりません。』
・・でOKですか?
う・・・なんて業務連絡的な・・・
ワタリに、悲しんでる暇さえ与えない・・

『任務中の事ですから・・仕方ありませんが・・』
そしてワタリは、キラ事件で忙しいLに、
Fの死への、悲しみを伝える訳にはいかない・・。

でも・・これを聞いてLは、

 ワタリなら、自分がデスノートに名前を書く事も、
 任務と割り切ってくれる筈・・

・・とでも、思ってしまったのでしょうか?
この時のLは、そういう・・人が人を想う心・・に欠けていたんですよね・・。
Fの死に対して、Lの前で悲しみを伝えまいと気遣ったワタリの態度が、
Lに・・ノートに名前を書かせる、きっかけとなった・・
そんな風に思えてしまうシーンだと、気付きました・・。

どちらにしても、Lは・・
ワタリがどうあれ、ノートに自分の名前を書き込んだでしょう・・
だけどもし、本当に・・きっかけがソレなら・・
なんて悲しい行き違いなのか・・と思いました。


【P4】
再びバンナム村・・
倒れてるおばさんの向こうに、白い犬が死んでる~~!!!
最初・・人間しか見えてなかったよ・・・
この凶暴なウイルスは、他の動物をも殺してしまうんだ・・・・
動物によっては、絶滅危惧種もいるっていうのに・・
これじゃ・・人類削減計画というより、
地球上の生物、壊滅計画・・って事に・・
戦争でも何でもそうだけど・・
人間が人間に対して、愚かな行為をしようと言う時、
他の動物に対する迷惑とか、一切考えてませんよね・・・。
そういうとこ・・本当に人間は、身勝手に・・横暴に生きている・・・。

『このウイルスは、この20時間の内に進化している・・。』
その後、二階堂教授が開発に成功したという、
MKタンパク質を使っての抗ウイルス薬は、
進化を遂げる様な、極悪なウイルスにも効くという優れもの・・って事になりますね。
『さすがです教授』 ←同じ様に言ってみたw


【ワタリと海砂】
今やっと気付いた・・☆
ワタリの老紳士的なネクタイって、花柄がとっても素敵~~vv
・・このワタリと海砂の2ショット、画として観ると、

老紳士と黒いドレスの女の子

・・って感じが素敵で・・好きなんですよ~~。
会話の内容も、とっても和やかで・・
海砂の、ちょっと優しくて、やわらかめな喋り方も、可愛いし・・
ワタリも“お父さん”と訊かれて、とっても嬉しそうで・・
それなのに・・・・・・


【ワタリを悼むL・・】
このシーン・・
映画館で観てた時は、
本当のところ・・
Lが、殺されたワタリの御遺体を前に、ワタリの死を悼んでいるなんて・・・
このシーンがあってよかったと思う反面、あまりにもショックが強すぎて・・

それを観ながらも、ワタリに対するLのいろんな気持ちを、想い巡らせていたんだけど、
目が・・観たものを拒否したがってるみたいな・・
受け入れたがっていない様な・・

それでも観ておかないと・・
直視したくなくても、こんな可哀想なLの事を、
一緒に悲しんであげないと・・
・・・・と、そんな心の葛藤と共に、観ていた様な気がします・・。
家に帰って感想を書く頃には、冷静に、このシーンを受け入れていたんですが・・
とにかく映画館で観ていた時は、悲しみによる心の葛藤が、
何かを受け入れる事を、邪魔していました。(すみません・・何が言いたいのか、意味不明ですね☆)

ワタリの顔に布をかぶせようとして・・
でも・・・顔が隠れてしまう事をためらうかの様なL・・・
まるで・・親に置き去りにされそうになって、
泣きそうになってる、寂しい子供みたいに・・
少年の様なあどけない顔をして、じっとワタリを見つめてるなぁ・・・って・・・
そんな儚いLが、本当に可哀想で・・・

親を失った悲しみ・・というものを、知らないLは・・
その悲しみ方さえ・・ぎこちないままで・・。
だけど、その表情は、とても寂しそうで・・
こんな風にしか、悲しみを表現しきれないLが・・
やっぱり・・可哀想で・・・。

 

・・・と、ここまで書いて、とりあえず筆を置く・・
じゃなくて~☆
パソコンのキーを打つ手を止めますが~(笑)

あれだけたくさんの感想を書いたんだから、
今回は、そんなにたくさん書かない筈・・って思ってたけど、
書き出したら、意外といろいろ書いちゃうもんだなぁ~・・って、

そんな自分に呆れています☆

なんで私って、メールでも、コメントでも、感想文でもなんでも・・
文章を書くと、やたらと長いんだろう~☆

だけど書いてる時は、結構、夢中だったりしますw
きっと、書く事が好きなんでしょう~w


また、続きます★

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [336]  [335

<< FIRST ANNIVERSARY HOME WHO? >>
■ CALENDAR ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ Click募金 ■

東日本大震災
クリック募金

一日一回だけ
1クリックするだけで
募金が出来ます

■ PROFILE ■
L至上主義

Author : 海羽 恵瑠
     (MIU MEGULU)

 DEATH NOTEのLが好きです
 Lに恋をしてます
 原作のLが好きです
 アニメのLが好きです
 映画の松Lが好きです
 松山ケンイチくんも好きです
 ねんどろいどのLが好きです
 他のフィギュアLも好きです
 カッコいいLが好きです
 男前なLが好きです
 気持ち悪くて変なLが好きです
 負けず嫌いのLが好きです
 可愛いLが好きです
 どんなLでも愛してます
■ LIVLY ■
Lって名前のリオンが住んでます♪

■ LINK ■
* 無断リンク失礼致します *
■ QUESTION & BATON ■
こちらから御自由にお持ち帰り下さい
Lを愛してる人への31の質問
配布中です♪
↑click hear
■ SEARCH ■
■ BARCODE ■
† L's cake & toy box † Second impression① Produced by 海羽 恵瑠 (みう めぐる) 
PR
 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ