忍者ブログ
DEATH NOTEのL・M・Nへの愛を語るブログです [※ネタバレ有り]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


コレ・・↓付いて来れる方、いらっしゃるかなぁ~?ww

『ヴォイス〜命なき者の声〜』・・を観てたら、
ああ~~~っっ!!!白川が解剖台にっっ!!!
司法解剖されてる~~!!!
そっか~白川のお父さんはお医者さんなんだ~☆
白川、ここでも金持ちの息子だね~。
ああ~~~~~っっ!!!
ジャギ様が、麻薬所持と、殺人未遂で逮捕されてる!!!

はははwww誰も付いて来れなかったよね・・www

白川 : 『銭ゲバ』で白川、『ヴォイス』で五十嵐富士夫役の、田中圭さん
ジャギ様 : 『デトロイトメタルシティ』でジャギ様、『ヴォイス』で高沢克彦役の、細田よしひこさん

『ヴォイス』の富士夫は、結構~いい奴で、可哀想な人でした~。
う・・何だか白川が気の毒になってきた・・
(それでも感想文の中で、白川に言いたい放題の私☆)

 
(2月4日追記)
ず~~っとこの感想文を途中で放置してましたが、
先程、やっと書き終わりました☆
待ってて下さった方、お待たせしちゃって、申し訳ありません!!

 

ドラマ『銭ゲバ』のネタばれがあります。
まだご覧になられてない方は、
この感想を読むのは御遠慮された方がよろしいかと思います。

拍手[0回]



【第三話】

朝・・・三國邸の、三國家にしては粗末に見える一室で、
風太郎はうなされながら眠っている・・・
眼からは涙が・・・
そして、まるで悪夢から覚めたように、飛び起きる・・・

風太郎が寝ながら泣いている時は、
お母さんが死んでしまった時の事か・・
殺してしまったお兄ちゃんの事か・・
誰か、大切な人が死んでしまった時の苦しみを夢に見て、
それでうなされてるんだろうな・・と思いました・・・。

隠しておいた札束を取り出して、数えだす風太郎・・
何だかそうしてると、気持ちが落ち着く・・みたいに見えるんですけど・・
“銭”は、風太郎にとって、麻薬の様な効果でもあるんでしょうか・・


朝食は、風太郎だけ別の部屋で・・・
明らかに風太郎は、家族としてはもちろんの事、客人としても迎えられていない・・。


『只ひとつだけ、お願いがあります。』
船が好きだから、この仕事が好きだから、
これからも派遣の仕事は続けさせてほしい・・・
ひ~~・・風太郎、今度はお父さんを落とす気だww
だけど頑固親父だったので、ほんの少し・・グ・・ラ・・?って程度?


この三國家のお父さんですが、
何一つ問題の無い、出来すぎた長女がいても、
顔に痣があって、身体も悪い次女を、同じ様に可愛がろうとしているところは、
ちょっと、ホッとするなぁ~・・とか思ってます。
まぁ単に、甘やかしてるだけじゃないか☆・・って感じなんだけど、
出来のいい子だけ、贔屓する様な、
そんな腐った親じゃないとこがいいです。

ま・・そ~ゆうとこにつけこまれちゃうんでしょうけど・・・★


お手伝いさん、ヤバいなぁ~~~☆
もう少しで、風太郎のもうひとつの顔について話し出すところだったよ~。
もしこの時点で話していれば、風太郎の計画に亀裂が走ってたかもね・・。


造船所への出勤時間・・
解雇された元労働者達が、訴えを起こしてビラをまいてるんですけど・・
その中のひとり・・
ああ~~っっ!!あなたは・・☆☆
L change the WorLdで数回ほど、Lがとんでもなくお世話をかけられた・・
あ・・いえいえ・・ww(こっちの話ですw)

『ちょっと・・同じ仲間だろ?どうして受け取ってくれないんだよ』
他にも受け取ってくれない人いたでしょ?どうして風太郎にだけ、つっかかるんだよ★
(↑コレ、余計w)

『貧乏人がいなきゃ、お金持ちが困るでしょ?』
もしこの世の中・・・ほとんどの人がお金持ちならば・・・
貧乏人がやる様な仕事は、一体誰がやるのかって・・
そんな事で揉め出したりするのかなぁ・・・?
貧乏人は、この世界を動かす為に、必要な存在なんだ・・
だから確かに・・貧乏人がいなければ、お金持ちが困る・・・
だけど貧乏人だって、お金持ちの為に必死で生きてる訳じゃない・・・
何だか・・こういう考え方は、やりきれないなぁ・・・。
虚しくなる・・・
みんな、自分の幸せの為に生きているだけなのに・・・


その一部始終を、車の中から観ている白川・・・。
朝の出勤時間に、ヒマそうなおぼっちゃんですねwww
この人・・あの船の一件では、風太郎の無実は(一応w)証明された筈なのに、
なんでこんなところまで来て、風太郎を監視してるんだろう・・・?


緑さん・・時計の件を白川に謝ってるよ~。
白川、簡単に許してるよ~。
所詮、500万円の時計なんて、その程度のものですか☆
(いや、その程度にしておいてくれて、助かるけど)

白川にとって大事なのは、茜ちゃんに壊された時計じゃないんだ。
風太郎が、三國家に関わってる事なんだ・・・。

『少なくとも、彼はそんな美しい人間じゃない』

…白川、お前もな★

いえ・・白川の言う事は、そのまま正しいんだけど・・(笑)
あまりにも疑い過ぎるところがちょっとね・・★

時計紛失事件→風太郎に疑惑→風太郎は潔白→真犯人は茜

コレ↑が解った時点で、まだ風太郎を疑うのは、
あの車の中から風太郎達を観察して、
地獄耳レベルの聴覚で・・
風太郎と解雇された男との話を聴いていたからですか?(笑w)


風太郎の前に、(いや、厳密に言うと後からw)父親が現れる。
この父親・・もう既に、父親とか呼ばれる存在じゃないですね。
風太郎のコブですね・・それも悪性の腫瘍って感じ。
あの時と変わらず、風太郎から金を奪おうとする・・
もうこの人・・父親をやる気がないなら、
せめて風太郎の前に姿を現すなと言いたい・・・

父親に、三國家に入った事がバレていたのを知って、驚く風太郎・・
何だかこの時、悪巧みを企んでいる人というより、
イタズラがバレて驚いてる少年・・みたいな顔してた・・・
・・と思ったのは、私の思い込みでしょうか・・?
何て言うか・・・
どんな親でも、父親は父親っていうか・・
父親の前では、子供は子供っていうか・・
・・だからそんな・・子供みたいな顔して驚いちゃうのかなぁ・・と思ったら、
妙に、きゅん・・ときてしまいました。

父親への憎しみから・・
父親の喉元に手をのばす・・

『お父さんを殺す気か?』

うわ・・この期に及んで、“お父さん”だって・・・
もうその事実しか、風太郎と自分を繋ぐものが残ってないからね・・
自分が風太郎のお父さんである事、
そして、風太郎にも辛うじて残ってる筈の、親を想う心・・・
それを楯に、自分を守ろうとしてるんだ・・この卑怯者・・・

風太郎が・・自分の父親の首を絞めながら・・
どうして泣いているのか、解らないのかな・・・
どれだけの怒りとか悔しさとか悲しみを込めて・・・
その手を離さないのか・・・

どういう訳か・・
この時流した風太郎の涙には、
辛うじて残っている、父親への愛情が込められてた様な気がしました。
変な言い方だけど・・・
大好きなお父さんだったから・・・
この世にたったひとり残った肉親だから・・・
そんな大切な人が、こんな風に堕ちてしまった事が、例えようもなく辛い・・・
母親が苦しんで死んだ事も・・
自分の人生を狂わされた事も・・
それでも、這いつくばって生きている事も・・
この、たったひとりの肉親が解ってくれない事が辛い・・・

コレはちょっと・・妄想しすぎなんですが・・・
風太郎の心の奥底には、
『戻って来てくれよ!!父さん!!』
・・という言葉が、
脳裏にすら、その言葉のカタチを作る事は出来ないんだけど、
その言葉が激情と化して、風太郎に父親の首を絞めさせている・・
・・と、そんな風にも思えました。(妄想しすぎですみません)
だからあんなに辛そうに・・痛い涙を流すんだって・・・

・・だけどその後の・・

『ほぉーら・・』

一円玉を父親に投げつける・・

『銭ずら・・』

この声・・すごかった・・・ゾクッときた・・・
もう、父親を前にした子供・・の風太郎の声じゃなかった・・
母を死に追いやった憎むべき・・そして残酷で惨めな男への、
憎しみと、憐れみと、侮辱を込めた声だった・・・
一円玉もまさに、それを表してるんですよね・・。
そんなに金が欲しければ、それを這いつくばって拾えと・・・。

・・って言うか、
松ケンがこんなすごい声が出せる事に、違う意味で感動してます・・!!!

父親から離れて、その場を立ち去ってから、
涙を拭う風太郎が、可哀想で仕方ありませんでした・・・。
今さっき、父親を前に、あれだけの事を言い捨てて・・
今また、風太郎が元の可哀想な子供の頃に戻ったみたいな気がして・・・・。

・・・もう・・・
どんなひどい親でも・・・
心から親を憎む子供なんか、いるもんか・・・!!!


ああ・・・その一部始終を、荻野刑事たちが、すごい観てたよね・・
父親の首を絞めてる時の風太郎を見る荻野刑事・・・
きっと気付いたよね・・って言うか、完全に確信したんだよね・・
あの眼は、人を殺した事のある眼だって・・・。


ファミレスで、荻野刑事と話す風太郎の父ですが・・・
警察は人の不幸で飯食ってるとか、
荻野刑事の弟と、風太郎のお母さんが出来てるとか・・
いちいちムカつきました・・・
中でも一番ムカついたのが・・・

『俺の嫁さんだった女は死んだんですか?』

・・・は?

もう・・こいつダメだ・・・あまりにも堕ちすぎてる・・・

風太郎が大きくなった事を、やたらと言うから、
そんなにも長い間会ってなかったのかと思ったけど・・
自分の奥さんが死んでしまった事にすら、気付いてなかったとは・・

『死んじゃいましたか・・かわいそうに・・かわいそうな女だな・・』

何だかこの人・・人の心をどこかに置き忘れてるんですかね・・

『・・で?やったのか?風太郎・・・やったな・・お前・・』

何だかソレをネタに、また風太郎をゆすりにくるかも・・・
本当に悪腫瘍って言うか・・あっちこっちに転移して、風太郎を苦しめそうで・・
本当に癌みたいな人ですね!!!!!


三國家の前に佇んでると、今度は白川がやってくる・・
風太郎って・・一人にしてもらえないねww
・・って言うか、この男・・・
子供の頃から仲良しだった緑さんの家の資産を、
お金に計算してみた事があるんだ★
いくらざっと見積もっただけでも、キモいよxxx
(そんな友達、ほしくないなぁ~~~www)

『茜ちゃんがターゲットって訳か』
(そういうあなたは、茜ちゃんに、大事な時計を壊されてましたねwwww)

『俺は君の事を認めない』
(白川にだけは認めてもらわなくっても結構ですよ)

『出てってくれよ』
(この家・・別にあなたの家じゃないんですけど・・)

『俺が君の化けの皮を剥いでやる』
(ついでに性格の悪いあなたの、“偽善者の皮”も剥いでやりたいよ)

・・・・ふぅ~☆ スッキリした・・ww(白川ファンのみなさん、失礼しましたw)


茜ちゃんが、ピンクのクマさんを持ってるよ!!vvv
(うっかり、ピンクのクマさんに反応しちゃったよww)

優しい言葉をかけながら・・
痣のある方の顔から覗きこんでキスするなんて~~・・・vvv
何だか風太郎・・女性の扱い上手いよねwww
普段の風太郎を見ていたら、とてもそんな風には思えないんだけど・・・

『ずっと一緒にいてくれるよね・・』
・・・懇願・・・

『それはどうかな・・ずっと一緒にはいられないよ・・』
・・・焦らされる

『茜はさ、きっと相応しい人と結ばれるんだ』
茜の気持ちを、よりこっちに向かせて・・
“結婚”という言葉を引き出そうとしている・・

『私、風太郎さんと結婚したい・・したいの・・』
茜から言わせる事に、成功した・・・!!
ほくそ笑む風太郎・・・。

また茜ちゃんの耳を押えて、酷い言葉を言い始める・・・

『結婚しよう・・結婚したいよ・・』

『・・・お前の役目はそれまでだからさ・・・』

コレ・・・ものすごく酷いシーンなんだけど、
ちょっと悪魔的な風太郎のカッコよさとか、
茜ちゃんに聞こえてそうで、聞こえてない囁きに、ドキドキしてしまいます・・vvv

聴きたい~~・・と懇願する茜ちゃんに、
舌を出してみせる風太郎・・www
ひ~~☆ 小悪魔な風太郎が可愛いよ~~!!vvv

ああ・・こうやって、ジャレてみせてる内はいいんだけどね・・
風太郎と一緒にいて、あまりにも幸せそうな茜ちゃんを見てると・・
実際に裏切られてると知った時、どうなるんだか・・・
この子、可哀想すぎるよ・・・・・・。


白川に会った事、言われた事を、緑さんに話す風太郎。
(はははははww 白川、告げ口されてるよ~~www)

『緑さんの恋人ですか?』
幼馴染・・・てか恋人説、全否定されてるよ~~~www
でもきっと白川の方には、緑さんに気があったと思われww

『僕は・・・信じて下さいと言う事しか出来ません』
この瞬間にも、風太郎の計画は、着々と進んでいる・・・。


また船のパーティに誘われる風太郎ですが・・
車椅子の茜ちゃんを連れてやって来た風太郎~~!!
ジャケット着てるよ~~~!!!vvv
うわ~vvジャケット着た風太郎vvカッコいい~~~!!!vvv
今度は相応しい服装を用意してもらえたのね~vvv(よかったよかったvv)


『三國造船のお嬢様ですよね?』

造船所を不当解雇された男が、ナイフを持って緑さんの前にやって来る・・

『ちょっとは下々の痛みを感じましょうよ』

自分を解雇した会社の社長令嬢に、いかにも・・な、言いがかりをつけて襲う・・
風太郎が駆けつけ、緑さんからこの男を引き離し、
揉み合っている内に、刺された・・・!
これ・・何一つ不自然じゃなかったから・・
完全にこの男に騙されたよ。

いや・・風太郎に騙されたよ・・!!!

『刺せよ・・早く刺せ!!・・強く・・強くだ・・!!!』

く・・狂ってるとまでは言わないけど・・・
そこまでやるか?!風太郎~~!!

風太郎が刺されるところを見た白川は、
この一瞬くらいは、風太郎を信じたんじゃないかって思えたんだけど・・
もしかしたらあのまま、あの男を追いかけなければ、信じてくれたのかな・・?
(・・いや、それは甘いか☆)
では普通に、正義感100%で、あの男を追いかけたんだろうか・・
(あの男を捕まえれば、何か分かるとか、そう言う考え無しにって意味で)
・・・でも、
風太郎を刺した男が、コインロッカーから札束を取り出すところを目撃して、
更に風太郎への疑惑が確定したんですよね。


病院にて・・
治療を受けた風太郎を迎える緑さんと茜ちゃん・・
う・・駆け寄る緑さんに、出遅れる茜ちゃん~~・・☆

『ごめんなさい・・本当にごめんなさい・・』

緑さんは、白川の意見を聞いて、風太郎を100%信じる事が出来なかったんだ・・。
まぁ・・緑さんの人を見る目なんて、所詮その程度のものでしょう~☆

『風太郎くんを信じます・・!!』

この言葉・・風太郎には、
緑さんから自分への、 服従の言葉・・ に聞こえたんじゃないかって・・・

緑さんが白川の言葉を聞いて、自分をほんの少しでも疑っていたから、
その小さな疑惑を完全に振り払う為に、この作戦を・・って事ですよね。

緑を攻略する事に成功した・・
茜の事も忘れてはいけない・・

風太郎の目が自分に向くと、一生懸命になる茜ちゃんが健気・・
優しく声をかけるんだけどね・・
口元が何か・・音として聴こえない言葉を言いたげなんだよね・・・。


部屋でひとりで・・
風太郎くんを信じると言った、姉の言葉を思い出す茜ちゃん・・・
何を考えてるんだろう・・
もし、お姉ちゃんの気持ちが風太郎さんにいってしまったら・・私は・・
・・とか、考えてるのかな・・・
ほっとかれてるクマさんが、茜ちゃんの寂しい気持ちを表している様です・・。


風太郎が伊豆屋の前を通ると、必ず何かが起こる・・ww
由香ちゃんに目隠しされただけなんだけどね☆
目隠しはいいんだけど、風太郎がついてる松葉杖に気付こうよ~~ww
風太郎に顔見知りだと認識してもらうのに時間がかかったと、
拗ねてる晴香さんが・・ww
・・てか、ええ~~~??晴香さんって、そんなに印象薄いかなぁ~??
(結構~ハデな顔してると思うんだけどww)
晴香さんが落ち込んでる事に、風太郎が気付いてくれるのがいい~~vvv

そして、風太郎が笑った・・・vvv

お母さんが生きていた時以来・・
本心から笑顔になれなかった風太郎が、初めて心から笑ったよ・・
またソレに気付いて喜んでくれてる、伊豆屋の人たちがいいなぁ~vvv
こんなささやかな事で、いちいち喜んでくれるなんて・・vvv
伊豆屋の人たちは、無償で風太郎を愛してくれる気がします。


『母は綺麗な人でした・・・授業参観の時、クラスで一番綺麗でした。』

本当に綺麗~~・・・幸薄そうなんだけど・・それでも綺麗・・vvv

『母は不幸な人でした・・・最期まで・・・何の為に生まれて来たんだろう・・・』

ああ・・母が何の為に生まれて来た・・だなんて・・・
そんな、不幸になる為に生まれてきた・・みたいな言い方・・・
これが・・子供が、死んだ母を想って言う言葉だなんて、悲しすぎますね・・・。
でもそれだけ・・
お母さんが幸せだったという記憶が、風太郎には無い・・という事ですよね・・・。

そんな不幸な風太郎に、
さり気なく言ってくれた、祥子さんの言葉が・・・

『お兄さんを産む為じゃない?』

ああ~~・・・もう~~~!!!vvv
祥子さん、最高~~~~~!!!vvv

そうだよ・・
きっと、お母さんは、風太郎を産む為だけに生まれてきたんだ・・
風太郎を産んだ事、風太郎と過ごした日々、
きっとお母さんの一番の宝物だよ・・・
お母さんに優しくしてくれた風太郎がいてくれたから・・
きっとそれだけで、幸せだった筈だよ・・!!

祥子さんの言葉・・・風太郎の心の奥に、しっかりと届いてるといいなぁ・・・。
風太郎の冷たくなってしまった心には、暖かい光を射してあげたいよ・・。

だけど風太郎・・どうしてここで、
こんな話を正直にする気になれたんだろう・・・
何だかここにいると・・
自分の心の内を、話してみたくなるのかな・・・
ちゃんと聴いてくれる人が、ここにはいるから・・・。

伊豆屋にいる時の風太郎って、本当にいいなぁ~~vvv
一番自然な顔してて、ホッと出来るっていうか・・すごくいいvvv


『まぁ何だっていいんだよ。生きてさえいてくれれば。』

野々村さんのこの言葉・・軽いけど、ポジティブな言葉ですよね。
大切な人に会えなくても、元気でいてさえくれれば、それだけでいい・・

『人さえ殺さないでくれればって』

・・・それはちょっと大袈裟な、
人に迷惑さえかけないでくれれば・・って意味だったかもしれないけど・・
風太郎の心には、突き刺さったかもしれないね・・・。
風太郎は子供の頃・・施設を抜け出したあの日から・・狂い始めてしまったんだ・・・。

風太郎だって、もしあの日の事さえなければ、
あの日・・大好きだったお兄ちゃんを殺さなければ・・
もう少し明るい未来もあったのかもしれない・・・
伊豆屋にいる時の、ホッとしてる様な風太郎を見てると、
本当は、もっと違う人生を生きる事も出来たんじゃないかって、
そう思わずにはいられません。


『お疲れ様・・』

白川・・・この人なんで、こんなにヒマなんだろう・・・?
風太郎の仕事の始まる時間、帰って来る時間、全部把握してるって感じですね。
(だけどこの日は伊豆屋に寄ってたから・・待ちぼうけを喰らったに違いないww)


『命懸けだね、君も・・。金で雇ったんだろ?あの男。』

・・・やっぱりバレてる・・・
・・って言うか、“命懸けだね”って言葉が、
ものすごく風太郎を軽蔑視してる感じで、ムカつく・・。

『このままどっかへ消えろ ・・で、二度と近付くな。』

あ~あ・・・キジも鳴かずば撃たれまい・・じゃないんだけど・・・

『なんでなんですかね・・
なんでこの世界じゃ、みんなが幸福になれないんですかね。
僕の母は、貧しくて死んだんですよ。』

あの日・・どうして風太郎が、施設を飛び出したのか・・・
・・・自分も、お母さんのいるところへ逝きたかった・・・
だから、飛び出しちゃったんだ・・・

本当は捨ててもいいと思っていた命だったけど・・
金に負けたまま死ぬのは悔しかったから・・

『母が金に負けたのなら、オレは金に勝ってやる。
お金と戦って勝ってやるってね。』

『だから白川さん、僕は金の為なら何でもするんです。何でもね。』

『それが僕の戦いなんです。』

風太郎の戦いとは・・金をお母さんの仇として憎む事・・
だから、金を手にする事で、金に勝ったと思う事が出来る・・
でも、金を憎んでいるから、金で幸せになれるとは思っていない・・


『もうふたり・・殺してるんですよ・・僕は・・本当にごめんなさい・・』

殺人犯って、ひとり殺すと、次からは、何かが麻痺してしまった様に、
平気になっていくって・・そんな事を聞いた気がする・・・。
風太郎の精神はもう、狂ってしまってるんだよね・・・

『本当にごめんなさい』って、印象的な言葉ですよね・・
白川が風太郎と関わってしまった事・・
風太郎がこんな人間だった事・・
そして、今から白川を殺すしかなくなってしまった事・・
こんな結果になってしまって、ごめんなさい・・
そんな重い意味のある、『ごめんなさい』を、
狂った殺人犯の言葉として、白川に訴えている・・・。


大きなスーツケースを運んでくる風太郎・・・
コレ・・何が入ってるかって・・一発で解りますよね・・
・・って言うか、どうやって殺害したんだろう・・・?


『天国・・逝けるんじゃないですか?
あんた・・悪い事してないでしょ?・・する必要ないもんね。』

金持ちの子は悪い事をする必要が無いくらい、幸せだって事か・・・
そんな事ない筈なんですけどね・・
金持ちも貧乏人も関係なく、どんな人間にも等しく、
幸福と不幸が訪れる様に出来てるんですけど・・。

今、死体となっている白川がいい例じゃないですか・・
白川は金持ちの家に生まれて、何不自由なく、贅沢な暮しをしてきて、
つい何時間前までは、幸せの絶頂にいたかもしれないけど、
まるでそれまでの人生で、一生分の運を使い果たしてしまったかの様に、
まだ若いのに殺されてしまった・・・。

一生貧乏だけど、長生きする人と、
金持ちだったけど、若い内に殺されて死ぬ人・・
どっちが幸せで、どっちが不幸かと言えば、
後者の方が、ものすごく不幸だと思いませんか?
・・人間は、ただ生きているだけですごいんですって。
病気や災害、その他全ての不幸な運命に勝って、生き残れているんだから。


風太郎がシャワー浴びてる!!vvv
(落ち着け~~~www・・と思いつつ、コレ絶対サービス・シーンだと思っちゃったw)
白川を埋めた後の・・体に付いた泥を洗い落としてるんだけど・・
・・こびりついてなかなか取れない汚れが、
腐っていく風太郎の、魂の穢れを洗い落とせないかの様に・・・
その汚れだけはどんなに洗っても、一生落ちないよね・・・。

風太郎の、泥で汚れた服を見るお手伝いさん・・・。
また余計な事に気付いちゃったね・・・
このままじゃ、いつかこの人も殺されてしまいそう・・・。


次の日の朝・・・・・
クワっと目を見開いて、いきなり飛び起きる・・・
きっとまた悪夢を見てたんだ・・・
風太郎はきっと、人を殺したら、悪夢を見てしまうんですよ。
もしかしたら・・まだ心のどこかに残ってる、優しかった頃の風太郎が、
殺人犯に堕ちてしまった自分を、責め続けてるのかもしれないですね。


今朝の朝食は、三國家の家族と一緒にとる事を許されていた・・。
緑さんが、風太郎に命を救ってもらえたから・・って事になってるから・・
お父さんの許しがもらえた訳ですね。
あの一件で、緑さんとお父さんのふたりからの信頼を勝ち取る事が出来た・・
一石二鳥ですね。
そしてその件に関して邪魔な白川は、土の中・・・・・・って事で。

話がトントン拍子に、風太郎の思い通りに進んでいきますよ~~・・!!!


そこで、茜ちゃんの誕生日のプレゼントの話になる・・
プレゼントは何が欲しいと訊かれた茜ちゃん・・・

『風太郎さんが欲しい。 結婚させて下さい。 風太郎さんと。』

ああ~~~!!!こんなに簡単に・・???
まるで、予め用意されていたかの様なシチュエーションで???

それを聴いて、俯き出す風太郎が怖いよ~~~www

『茜ちゃん・・それは無理だよ・・』

そこにいる茜ちゃん以外の人間は、みんな無理だって顔してるのに、
この風太郎の言葉に、逆に驚くみなさん・・・。
この一見不利な状況の瞬間にも、
風太郎の計画は、順調に進んでるんですよね・・・。

ああ~~・・ドキドキする~~~~!!!

 

銭ゲバ 感想[4]・・・に続きます

 

※どーでもいい話 その①
荻野刑事役の宮川大輔さん・・ww
俳優としての宮川さんは、もしかしたら私、ファンかもしれませんwww
『シバトラ』の時は何とも思わなかったんだけど、
『チーム・バチスタの栄光』での演技力はとってもよかったです。
今回の『銭ゲバ』で、更にカッコよくなった気がします♪
眼鏡外して標準語・・っていうのがいいのかなww(なんだ?ソレ☆)

※どーでもいい話 その②
ミムラさんの事は、これまであまり注意して見た事は無かったんですけど、
今回の緑さん役は、今までに観た中で一番綺麗なミムラさんだと思いましたvv

※どーでもいい話 その③
白川月(←偽名)談:

くそっ!! やられた!!!

風太郎め・・・こんな屈辱は生まれて初めてだ

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・風太郎をなめていた

やられたよ・・・・・・・・・・・・・・・・
いい手だ・・・・・・・・・・・・・・・・・

デスノートを御存知ない方、超意味不明で申し訳ありませんww
デスノートを御存知な方も、意味不明気味で申し訳ありませんww

 

【銭ゲバ 感想 BACK NUMBER】

[1][2] 
 

[558]  [557]  [555]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [546]  [545

<< Traditional end of winter HOME Happy Birthday Dear Matt >>
■ CALENDAR ■
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ Click募金 ■

東日本大震災
クリック募金

一日一回だけ
1クリックするだけで
募金が出来ます

■ PROFILE ■
L至上主義

Author : 海羽 恵瑠
     (MIU MEGULU)

 DEATH NOTEのLが好きです
 Lに恋をしてます
 原作のLが好きです
 アニメのLが好きです
 映画の松Lが好きです
 松山ケンイチくんも好きです
 ねんどろいどのLが好きです
 他のフィギュアLも好きです
 カッコいいLが好きです
 男前なLが好きです
 気持ち悪くて変なLが好きです
 負けず嫌いのLが好きです
 可愛いLが好きです
 どんなLでも愛してます
■ LIVLY ■
Lって名前のリオンが住んでます♪

■ LINK ■
* 無断リンク失礼致します *
■ QUESTION & BATON ■
こちらから御自由にお持ち帰り下さい
Lを愛してる人への31の質問
配布中です♪
↑click hear
■ SEARCH ■
■ BARCODE ■
† L's cake & toy box † 銭ゲバ 感想[3] Produced by 海羽 恵瑠 (みう めぐる) 
PR
 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ