忍者ブログ
DEATH NOTEのL・M・Nへの愛を語るブログです [※ネタバレ有り]


ちょっと間があいてしまいましたが・・・☆
カムイ外伝の感想の続きが書けたので、UPしますね。


・・この映画を観てると、
松ケンは、アクション・スターじゃなかったんだぞ?・・とか、
『L change the WorLd』の、あのシーンですら、
スタントマンさんが代わりにやってくれてたのに ・・とか、
そういう事を一切忘れて、

カムイだから、こんな事や、あんな事が出来て当然・・

・・と、普通に観てしまっていた自分がいました。

映画が終わってから、よく考えてみると・・

松ケンは本当に凄かった…!!!

カムイって、キャラクターも、
Lやクラウザーさんよりも難しかったんですって・・

憑依俳優・・って言えば、
松ケンはどんなキャラにでも化けられるっていう、
特殊能力でも持っているかの様に、思われてるのかもしれないけど・・
実は、影ながらものすごく・・
涙が出るくらい、苦労してるんですよね・・

・・そういうメイキング・映像を観てたら、
本当に一生懸命だった松ケンの姿に、泣きそうになりました。

松ケンは、新しい映画が出来上がる度に、
新しい自分と共に、

自分にしか演じられない、新しいキャラクターを創造していく・・

そんな気がします。

 

 

【注意書き】
映画『カムイ外伝』のネタばれがあります
まだこの映画をご覧になられてない方は、
私のつたない文章による感想文が、
映画の面白さを半減どころか、台無しにしてしまう危険があるので、
決して読まれない様にお願い致します

この感想文を読む前に、もしまだなら、
こちらもどうぞ

⇒『カムイ外伝』感想[1]



カムイ外伝 感想[2]

【渡衆の不動】

不動達、渡衆の船が島に近付くと、
幸島の人々が喜んでいる。

渡衆じゃなくて、某ワタリなら、私も大喜びで大歓迎ですけどね~w(←超無関係な話)


『渡衆じゃ。頭の不動と申す。村長は誰じゃ?』

村長と話をする不動。


『10日で残らず鮫を討ちとってみせる』

そう、村長に進言してみせる不動。

すごい自信ですね。渡衆は、鮫退治のプロですか?
・・っていうか、実は私、
最初に渡衆の船を観た時は、捕鯨船・・って思ってしまいましたw
(多分、鯨でも退治しちゃいそうですが・・w)

それじゃ、渡衆ってこの後、10日はこの島に滞在してたんでしょうか?


『この幸島は、金のねぇ島じゃ』

・・と村長が言ってみると、(後でとんでもなく高額な褒美を要求されても困りますからね☆)
米一俵とか、水を要求するだけで、金はいらないと言う。

・・・善い人過ぎる・・・☆

・・と思ったんですけど、この時は何を疑う余地も無く、
不動が善い人過ぎたのを、素直に喜んでました☆

だけど、いきなり何をし出すか分からない不動。
槍を振り回して、村人達を驚かしてみせる。
みんな驚いて後ずさるのに、カムイだけは動じないww
(さすがですvvv)

『肝がすわってる様じゃな。ぬしらはワシらと船に乗れ』

え・・?そんな簡単に引きぬきを・・☆



【カムイを心配するサヤカと、お鹿】

『カムイは山育ちじゃけん、海に落ちて、鮫に喰われてしまう』

サヤカ・・・★
大好きなカムイを心配しての言葉だって、解ってるけど・・
なんでそうも、マイナス思考なネガティブ妄想で、
カムイをダメ男設定 にするかwww

お鹿は、カムイはいずれここを出ていく事をサヤカに言う。

『カムイは、あんたを不幸にする』

これは素直に、自分の娘の幸せを心配しての言葉だったと思う・・
だけど、サヤカにはそれが解らない・・。

『お母ちゃんは、カムイが嫌いなんじゃ!!』

・・やっぱり、まだそんな風に見えてますか☆

怒って行ってしまうサヤカ・・
一緒にいたツグミも、お鹿に同じ質問をしてみる・・

『お母ちゃんは、カムイが嫌いなん?』

『ううん・・』

笑顔で答えるスガル・・。
この笑顔にホッとしましたvvv
カムイと一緒に奇襲をかけて、命懸けで半兵衛を助けたあの時から、
スガルのカムイに対する猜疑心は消えたんですよね・・。
この笑顔がそう語ってる様に思えました。

出来る事なら、半兵衛の様に、
カムイとサヤカを一緒にさせてやりたい気持ちもあるのかも・・
だけどそれは・・
サヤカに自分と同じ様な苦しみを与える事になるかもしれない・・
だからサヤカにはあえて、カムイを諦めてもらいたい・・
抜け忍と一緒では、幸せにはなれない・・・
それはスガルが一番よく知ってるから・・・。

 

【カムイ、渡衆の船に乗って鮫退治☆】

肉片を海に撒いて、
漁網に豚さんを入れて、それを海の上に吊るして、
鮫を誘き寄せる・・☆
なるほど・・・★
だけどこの方法じゃ・・
豚さんが可哀想じゃないか~~~!!!
ピギー!!ピギー!!!・・って、泣いてるじゃないか~~!!!
この豚さん、絶対に鮫がトラウマになりますって☆
(それが、その後の豚生に何か支障でも?)
とにかく、あの悲痛な声は、可哀想すぎますって~~!!

いや・・確かに可哀想過ぎますが・・・
タコさんウィンナーがまだ、いたいけな豚さんだった頃☆
殺されるのを怖がって、ピギー!ピギー!!と泣いてたかもしれないとか・・☆
今はそう言う事は考えない☆(『どっちが極悪か考えよう』の会)


・・で、その可哀想な豚さんを狙って、海の中から ジョーズが・・
いや・・鮫が、大口を開けて飛びかかって来る。
鮫が豚に到達するまでに、鮫の身体を3つに切断してしまう不動さん。

ひぃぃ~~伊藤英明さんカッコいい~~~!!!vvv(←そこは不動さんと呼べ)

渡衆の仲間の中には、釣り上げた鮫の身体に抱きついて、
鮫の背骨を折ってしまう怪力の人もいました。
ちょ・・怪力すぎる~~~!!!

鮫に抱きつくっていう、CGとの合成って、面白かったですww
そんな殺し方があるっていうのも、怖すぎて笑えましたww


『お前達、只者ではないな・・』

・・いやいやカムイ・・お前もな・・
(・・と、誰か言ってあげて下さいよww)
カムイだって、何とかして鮫に、霞切りとか、いろいろ使ったら、
何とか殺せると思う~~ww
やってみたら?・・とは、あえて言いませんがw
(・・でも、その後頑張ったかもしれないなぁ~w)

 

【渡衆を招いて、宴会】

笑顔で料理を持って来るお鹿。
お鹿って、料理上手なんですね~vv

渡衆のトベラの踊りがかっこいい・・!!
戦国時代の、独りえぐざいる・・・いやいやいやww

カムイも、子供達を前に、手品を披露する♪
赤い布の中に、白い徳利を隠して見せ、
それを白いハトに変えて見せる。
手品が使えるなんて、ますますカッコいいね~カムイvvv

また、そんなカムイをサヤカが観てますよ~vvv
もーサヤカは何も言わなくても、何考えてるか解る~ww
今、カムイに惚れ直してる瞬間ですよねvvv

 

【月日貝】

海を見てるカムイ・・・
そう言えばカムイは、よく海を見てますね~w
・・いや、私も海大好きだからよく解る・・
海って、いつまでも延々と見ていたくなりますよねvvv

海の中からサヤカが出てきて、カムイの近くまで泳いでくる・・

『カムイ、見とって・・・』

海の底へ潜っていき・・そのままなかなか戻ってこないサヤカ・・

これ最初・・
戦国時代風、シンクロみたいな泳ぎでも披露するつもりかと思いましたwww

『サヤカ・・・』

サヤカがいつまで経っても戻ってこないので、
思わず海に飛び込むカムイ・・。

いつの間にか浮上して、そんなカムイを笑ってるサヤカ・・


サヤカは、海の底から、
赤と白の2色の貝殻の、月日貝を探して拾ってきたんですね。
赤い方をカムイに渡す。

『月日貝・・こっちが月で、そっちがお日さん』

『あげる・・』

『何故・・?』

『お日さんの方、大事にしてな』

『何故、オレにくれる?』

カムイ~~~鈍すぎるよwwwww


『この貝を別々に持っといたら、いつか一つになろうとするんよ』

なるほど・・って言うか、なんてロマンチックな・・vvv
ああ~~vvvこの貝、欲しい~~~vvv
(↑貝コレクター(海に近付いた時のみ)の血が騒ぎます~~www)

サヤカ・・やる事が海の子らしくて、可愛い~~vvv
だけど、カムイには、サヤカの一途な想いが受け止められない・・

『サヤカ・・オレは・・』

『大事にもっといてんな』

・・と言われれば、ちゃんと大事に持ってるカムイも可愛いですよwww

 

【渡衆の船に戻ってみる・・】

様子が変・・と思っていたら、いきなり忍者達?に襲われる・・!!
海に落ちたところへ、カムイの頭上に檻を投げ込まれ、
檻に入れられた状態から逃れる事が出来ずに、そのまま海中へ沈んでしまう。

忍者達の正体は、不動達だった。

『カムイ、どげ~して、あのオリを抜けてくるかのう』

『そこが見ものよ』

海中で、檻から抜け出す事が出来ないカムイ・・
だんだん息が苦しくなってくる・・
ふと、檻の外を見ると、
カムイの懐から落ちた、月日貝に気付く・・

月日貝は、砂の上にある・・

この檻の下の砂を掘れば、外に抜け出せる事に気付く。


不動達・・黙って見てる・・
そこへ、やっとのことで、カムイが浮上してくる。

『カムイ、無事か?』

『どういう事だ!?』怒るカムイ

『脅かして悪い』・・と、仲間達

不動には、カムイが抜け忍である事がバレていた・・

『我ら、互いに助け合って今日まで生きてきた。わかってくれ・・』

不動にそう言われて、渋々大人しくなるカムイ・・

カムイが無事に生きて帰って来た事を、渡衆達は、素直に喜んでくれたし、
この時は、こんな信じられない奇襲をかける不動でも、
まだ信じたいと思ってました。

だけどこの後・・
その後も、何気に不動の行動とか、言動が気になって、気になって・・
不動が何か行動を起こす度に、
よかった・・やっぱり不動は味方だった・・と、胸を撫で下ろす・・みたいな、
そんな風に、心の底の疑心暗鬼を書き消しては、安堵する・・みたいなのが、
何度かありました。
不動って・・・謎めき過ぎてるんですよね~・・・。


『夕べ・・渡衆達に試された・・』

こんな事を、スガルに打ち明けるカムイw
こういう事があった時は、半兵衛さんじゃないんですよ~w
サヤカにも心配をかけさせるだけで解決にならないし、
やっぱり、相談するならスガルなんですよね~vvv
カムイにとってスガルは、

同じ抜け忍同士の、頼れる姐さん

なんだな~・・と思うと、嬉しくなりましたwww

 

【夢の中で】

いきなり村人に襲われるカムイ。
あれだけ追忍達の攻撃を見事にかわしていたカムイが、
村人には、あっけなく袋叩きにあってしまう・・・?

それを見て、絶叫するサヤカ

『カムイーーーーっ !!!!!』

カムイの身体から血が噴き出てくる・・・

そんなバカな・・と思ったら・・

これはサヤカが見た、怖い夢の話でした★
 

『サヤカどげんしたん?』

『カムイが死んだ・・・』

サ・・サヤカ・・早く目を覚まして~~☆☆

サヤカはなんで、こんな不吉な夢を見たんだろう・・・。
この後、どんなに不吉な事が起こったって、
サヤカが見た夢の様にはならないから、
これは予知夢とは言えないんだけど・・

好き過ぎると、いろんな不安が出てくるから、
そういうのが夢の中でカタチになっちゃったのかなぁ・・?

だけどやっぱり、
サヤカ的には、何か不吉な予感があって・・
予知夢が、こういうカタチになったんだったんだろうな・・
・・・とは、思う・・・。

 

【ほんの少しばかりの、楽しいひととき・・】

新しい水を運ぶカムイ。

『ここも、潮時かもしれんな・・』

コレどういう意味だろう・・
やっぱりカムイは、ここを出ていくつもりなんだろうか・・?


山道を、ゲンタやツグミと一緒に歩いてるカムイ。
いきなり、木をいっぱい付けた怪しげな人が、現れた☆
とおせんぼして、脅かしてくるが、笑って見てるカムイ。
木を付けた怪しい人は、不動さんだった☆
不動さんが、子供達にこんなに優しい人だったなんて・・vv
何だかホッとしました。

カムイも笑ってるし・・子供達も懐いてるし・・
この人、本当はいい人なんだ・・・vv

そんな風に・・何だか単純に・・
この人がいい人でよかった・・って思えた。


その後、半兵衛さんやお鹿、サヤカや子供達と一緒に、
家族ぐるみで和やかに話してるカムイと不動・・。

そんな中、
夕べ観た夢のせいか、カムイの事が心配で心配で仕方ないサヤカ・・


『サヤカ、身は別れていても、心はひとつだ』

・・と、月日貝を出して、安心させようとするカムイ。

この前は貝を貰ったら、困ってたくせに~ww
何だかカムイが、どんどん優しくなってきてます・・vvv
サヤカの気持ちには、まだ応えられるかどうか・・だけど、
気持ちは少しずつ向いて来てる・・
抜け忍として、刃の様に尖っていた頃よりも、
カムイは少しずつ、人を信じる事が出来る様になれて、
優しくなって来てる・・・

不動さんまでもが、サヤカを安心させようと、
優しい事を言ってくれたのが、素直に嬉しかった・・。
その時の不動さんはまるで、
身内の女の子を安心させるかの様に、温かかったから・・・。

サヤカがどんなに心配していても、みんな笑顔で、
そこには家族と、仲間がいるだけ・・
そんな温かい空気すら、流れていました。

こういうのが、ずっと続けばよかったのに・・・。
 

ところで不動さんは、水瓶の水を飲んでました・・
カムイも水瓶を運んでいたし、
この辺りのシーン・・やたらと、“水”が出てくるんですよね・・・

 

【異変】

渡衆の船に乗って出かけて行くカムイ。

船の中では、おいしそうに水を飲んでいる人がいる・・

カムイ・・懐から、月日貝を出して見てる・・・
この時、明らかに・・
カムイの中に、新しい思いが生まれて来てたんだろうな・・
・・って思う・・。

しばらくして、島の方へ戻ろうとすると・・
島の様子が何だかおかしい・・・

不動に言われて、先に島に戻るカムイ。
なんでカムイだけが先に島に戻らされたのか・・
それは、その後すぐに解った・・・。


浜辺に、たくさんの村人が倒れていて・・・

みんな・・・死んでいる・・・・

最初、誰かに襲われたのかと思ったけど、
どうやら切り殺された訳じゃなさそうだった・・
みんな・・口から泡を吐いて死んでいる・・
毒・・・?
だけどこんなに大勢の人間を一度に、どうやって・・・?


『惨い・・・惨過ぎる・・・』

忍者として、今までたくさんの人間を殺してきたカムイですら、
この惨状には、酷い衝撃を受けた様だった。

カムイ・・剣を出して村に入る・・・。


ゲンタが死んでいた。
ゲンタを抱きあげるカムイ・・

半兵衛さんも、口から泡を吹いて死んでいた・・

サヤカも・・
落ちてしまった白い方の月日貝に手を伸ばし・・
もう少しで手が届かないまま・・息絶えていた・・。

サヤカを抱きしめて、泣き出すカムイ・・・・・・

ああ~~・・・
カムイはサヤカの事を、やっと好きになり始めていたのに・・・

ココ・・すごく残念だったんですけど・・・

せめてサヤカの死に目に、カムイと会わせてあげてほしかったです。
そして、カムイの腕の中で、死なせてあげてほしかったですよ~~。
それすら叶わなかったのに、
どうしてサヤカの手は、月日貝に届いてないんですか~~★
月日貝くらい抱きしめて死なせてほしかったです~~~!!
カムイは間に合わないし、月日貝は手に届いてないじゃ、
可哀想過ぎます・・・。

そして・・なんでそういうシーンがなかったのかは、
次の瞬間わかりました☆

呻き声が聞こえてきて・・
行ってみると、スガルだけが、辛うじて生きていました・・!!

『スガル・・しっかりしろ・・!!』

『・・どく・・』

『水瓶に・・毒を盛られた・・・・・』

さすが元忍び・・なんですよね・・
毒を飲まされたと解った時、
きっと、それなりの処置をしたんじゃないかって思いました。
そうでなければ、ほぼ島の全員が息絶えている時に、
ひとりだけ生き延びている訳ないですからね。

『・・・子供達・・・!!!』

起き上がろうとしても・・どうしても起き上がれないスガル・・・

『守れなかった・・・!!!』

抜け忍スガルが、最後には母親として死んで逝くのが、
もの凄く感慨深いものがありました・・・。
抜け忍としての戦いも、いつしか、
自分の大事な家族を守る為の戦いになっていったんでしょうね・・・
それなのに、守る事が出来ずに、無念のまま死んでしまった・・・。
スガルには、せめて敵に一矢報いてほしかったんですけど、
それすら許されなかった・・・。

 

【追忍・不動】

水瓶を見るカムイ・・・
水瓶の水を飲んでいた、不動を思い出す・・・。

そこへ不動が現われた・・・笑っている・・・。

全てを察したカムイ、戦闘態勢に入り、その場を走り去る・・。

カムイが走り去る中、死体となって倒れている筈の人が、
いきなり起き上がって襲い掛かってくる・・

(ゾンビ役ですか・・こいつら・・☆)


浜辺には、絵師の老人がいる・・・・・
 

『カムイ、地獄だな!』

『不動ぉーーーーーー!!!やはりうぬが犬か!?』

笑い出す絵師・・・・・

この人(老人絵師)・・何が何だかわかりませんでしたよxx

そして不動・・・信じてたのに・・・
信じたかったのに~~・・・!!!
こんな卑怯で残酷な事をしでかしたのが、不動だったなんて~!!!

しかも不動・・それだけじゃない・・
渡衆の船には火がつけられ・・
その中には、苦しみもがいている、渡衆達が・・

『喉が焼ける~~~!!!』

コレ・・残酷で怖かった・・・
島の住民に使ったのとは、また違う種類の毒かと思った・・・。
渡衆達が、毒に苦しみながら死ぬのが早いか・・
船が焼け落ちるのが早いか・・・・
どっちにしても、残酷な殺し方でした・・・・。

 

【絵師の正体】

『カムイ、お前はここで死ぬ・・』

絵師が老人の顔の皮を剥ぎ出した・・
誰がこんな老人の姿に変装なんかしてたのかと思ったら・・
あの、片目の大頭だった。

『大頭・・・』

『おのれの作った地獄で死ぬのだ』

その地獄は、カムイじゃなくて、
たかがカムイ1人の為に、
あんたらが、苦労して創り上げた地獄じゃないか~~!!!

・・って言うか、カムイとスガルの為に・・?
なんでここまでやる・・・?

(・・ある意味、その地獄演出の為に、苦労しすぎだよxxこいつら・・★)

 

【不動との対決】

『ここがお前の墓場だ』

『俺は自ら好んで人を殺さぬ事にしている・・
だが、うぬだけは別だ!!』

カムイが人を殺すのは、自分が生きる為だから。
大自然に住む獣が生きていく為、止むを得ず殺す・・
それに近いものだと思ってる・・。

不動に対しても、別に好き好んで殺したい訳じゃない。
あまりにも憎過ぎて・・
このまま生かしておく事が、絶対に許せないだけなんだ。


『カムイ、うぬが手をかけて死んだ者、百を超えるとか』

それがどうした~~~!!!

お前こそ何人殺したんだ~~~?!!
この島の住民と、渡衆だけでも、百を超えてたりしないか?
(あと、鮫は何匹殺したんだ?)←もの凄くどーでもいい☆


今まで・・あれだけ強い追忍達を・・
それも、元は幼馴染などの、仲間だった者でも、
躊躇せず殺してきたカムイだったけど・・
カムイが初めて、本気で殺したいと願ってしまうほど、憎い不動なのに・・
相手が強すぎて、いつものカムイの術が通じないんですよ・・!!


闘うふたりの間に、カモメがたくさん飛んでくるのが、綺麗だった。

カモメの中にいるカムイもすっごくカッコよかったんだけど・・

どういう訳か、敵になり下がってしまった不動さんですら、
ものすごくカッコ良過ぎました・・!!

いや、スミマセンw
私、素直に伊藤英明さんのファンですからww
・・って言うか、こんなカッコいい伊藤英明さんを、初めて見ましたw

 

【決着】

十文字霞くずし・・っていうのは、コレだったんでしょうか・・?

不動と刀を合わせ、渾身の力を振り絞るカムイ・・・

この、もの凄い形相の中に、大切な人達を殺された憎しみと悲しみ・・
これほど残酷で卑怯な敵に、決して負ける訳にいかない事・・
これからも自分が・・人間らしく生き続けていく為にも・・
今・・全てを賭けて戦ってるんだと感じました。

きっとこのふたりに、強さの差なんてなかったに違いない・・
もしかしたら、不動の方が少し上だったかもしれないし・・・

では、何が勝敗を決めたのか・・
カムイの気迫と正義・・
大切な人を奪われる苦しみと・・悪に屈したくない気持ちと・・
それが、残酷な卑怯者に勝ったんだと思いました。

次の瞬間・・
不動の両腕が切り落とされていました・・!!

 

【不動の最期】

『不動・・苦しいか・・』

お鹿や半兵衛、サヤカ達は、もっと苦しんだと言うカムイ・・

それでも最期まで、カムイを苦しめ続ける事をやめない不動・・

『カムイー!!スガルの死に顔、高ぶったぞー!!
サヤカの死に顔、とくと見たぞ!!』

こういうのを、負け犬の遠吠えと言うんでしょうが・・
コレ・・どうしてくれよう・・って言うほど、酷いですね・・

『お前がいなければ、奴らは死なずに済んだのだ!!』

そんな訳あるか~~~~!!!
その言葉を、そっくりそのまま不動に返したい!!!

でもそう言いながらも、血をたくさん流して、七転八倒の不動・・

『もっと苦しめ!!』(カムイ)



『カムイ・・お前も忍び・・所詮は同じ血だ・・』

そう言い残し、息絶える不動・・・。

さんざんカムイを騙して苦しめた不動だけど・・
両腕を切り落とされて、苦しんで死んだ割に、
その死に顔は、すごく安らかに見えました。

・・思ったんだけど・・
不動も、忍びとしての掟に雁字搦めにされていたんじゃないかと・・
その為に、殺したくもない者でも止むを得ず、
手にかけてこなければならなかったんじゃないかと・・

もしかしたら・・
渡衆とか、
半兵衛の家族やカムイと、楽しく過ごしていた時間・・
それを全て消し去る事は、
不動にとって不本意な事だったのかもしれないし・・

忍びの掟という、手枷、足枷から解き放たれた顔・・
それが不動の、安らかな死に顔だったんじゃないかな・・って思えました。

・・いやいや・・不動に限って、絶対そんな事ないよ?・・って言うなら、
ぎゃああああああ~~~っっっ!!!・・と断末魔をあげた後みたいな顔して
死んでもらうべきだと思うし★

 

【軍兵衛の狂気は続く】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

何ですか?この一見、地獄絵図っぽい、ふざけた屏風は・・・
・・どうやら、あの怪しい絵師が描き上げた様です。
中央上の、一白に乗る軍兵衛っていうのが、一番バカバカしいですね☆
おまえは何者なんだ・・? ネ申・・ですか?・・・☆

一白を手にかけた半兵衛が死んだ事を報告されても、
もう既に飽きたらしく、半兵衛を捕らえる事には興味はないらしい。

絵師に囁きかける・・

『本物の血で描いたらどうじゃ?
愚民の百や二百、そなたの絵の具じゃ』

ぐは・・・なんて残酷な・・・
軍兵衛の新しい興味は、残酷な絵の方に移ったようだ。

 

【旅立つカムイ・・】

岬の上に、5つの墓が作られてる・・
半兵衛の家族の墓ですよね・・
その内のひとつには、月日貝の白い方と赤い方が、両方とも置かれている・・

自分が貰った赤い方の貝を置いていく事で、
いつも一緒にココにいるから・・という意味なんでしょうか?
それとも・・
サヤカ達への悲しい思いを断ち切る為に、
思い出も貝と一緒に、ココへ置いて行く・・という意味なんでしょうか・・
(・・出来れば、前者で・・)



船を出して、島を出ていくカムイ・・・

いつの日か、カムイが人々を信じ、
人々がカムイを友として迎える日は来るのだろうか

まさにそれが、その島にはあったのに・・・
カムイが抜け忍だと知っても、助け合い・・
家族として迎えてくれた人達が、そこにいたのに・・

ささやかな幸せどころか、生きる事すら許してもらえない生活・・・
諸悪の根源・大頭はまだ生きているんだから・・
カムイの苦しみは、これからも続くんですよね・・・。

(あ・・それならある意味・・『2』も作れそうですねw)



【まとめ】

厳しくて、切なくて、虚しくて、悲しくて・・
すごく辛い話でしたね・・・
誰ひとり、幸せにはなれなかった・・

カムイは、只々・・人らしく・・
ささやかに生きていたかっただけなのに、
忍びであった事が、それを許してくれない・・・

抜け忍の事なんか忘れて、許してやれよ・・って言いたい気分なんだけど、
抜けた者を許さないっていうのが掟なら、仕方がないのかもしれない・・
でも、それにしたって、
抜け忍のカムイを苦しめてから殺そうと図るなんて、
この計画を立てた人間の根性の汚さにはもう・・・・・
(この最低な計画を立てたのは、不動じゃなくて大頭だったらいいな)←海羽的我儘

だけど、ほんのひとときでも、
カムイが温かい家族の中にいて、
カムイを大事にしてくれる人や、
カムイを愛してくれる人が傍にいてくれた事が、
唯一の救いだったのかなって・・・
だけど・・それを全て奪われてしまったんですからね・・・
やっぱり、救いがないか・・・・・・

それでも、只の残酷な話・・でくくってしまいたくはないと思ってます。

カムイは、これほどまでに過酷な運命の中でも、精一杯生きた・・!!!

生きているからこそ、いつか笑える筈だって、
それだけでも信じて生きていてほしい・・って思えました。


松山ケンイチくんが、カムイ役をカッコよく演じてたのは、
もう、言うまでもありませんが・・
カッコいいと同時に、綺麗だな・・って、凄く思えました。
瞳が澄んでいて綺麗だし、表情とか、姿とか、
継ぎはぎのボロボロな着物を着てるとか、
そんな事、全然関係なくって、むしろ、それがカッコよくって、
どんなシーンでも、見事な画になる・・と思えるほどに、
何だか芸術的に完成しつくされたかの様な・・
それでいて、すごく自然なカムイだったなぁ・・って思えました。

ボロを着てるのに、綺麗だと思えたのは、
本当に初めてかも・・ww


ワイヤーアクションが不評だった様な意見を、
チラッと見たんですが・・
私的には、ワイヤーアクションが完璧だと思った映画なんてないですね~・・★
(あ、あんまり映画に詳しくない人の意見です)
ちなみに私が気に入らないと思ってるワイヤーアクションは、
空中で不自然に静止したり、
空中で平行に飛ぶ事ですが・・
ソレ以外の動きは綺麗だったんじゃないかって思ってます。


VFXが、いかにもCGって感じ・・みたいな意見も、
チラッと見たんですが・・
大物のスズキがまっぷたつとか、
三等分にされたり、切り刻まれたり、抱き殺されたりする鮫とかww
そういうのが十分面白かったんだから、別にい~じゃないかって思います。
そりゃ・・綺麗であれば、あるほど・・
本物そっくりであれば、あるほど、いいのかもしれませんが・・
『細かいとこは気にするな☆』・・でいいと思ってますw
(軽い意見ですみませんねw)


何よりも・・アクションシーンを完璧にこなす為に、
松ケンをはじめ、小雪さんも、伊藤さんも、他の俳優さんも、
ものすごく努力してたのが、すごく感動しました。
スタントマンを使わずに、難しい演技を必死で演じられてた事には、
本当に拍手を送りたいです!!

面白かったとか、感動したとか、
そんな簡単な言葉では語りきれないほど、いい映画でしたvvv
 

拍手[0回]

[679]  [678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669

<< ふてくされLたんw HOME カムイ外伝 感想[1] >>
■ CALENDAR ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ Click募金 ■

東日本大震災
クリック募金

一日一回だけ
1クリックするだけで
募金が出来ます

■ PROFILE ■
L至上主義

Author : 海羽 恵瑠
     (MIU MEGULU)

 DEATH NOTEのLが好きです
 Lに恋をしてます
 原作のLが好きです
 アニメのLが好きです
 映画の松Lが好きです
 松山ケンイチくんも好きです
 ねんどろいどのLが好きです
 他のフィギュアLも好きです
 カッコいいLが好きです
 男前なLが好きです
 気持ち悪くて変なLが好きです
 負けず嫌いのLが好きです
 可愛いLが好きです
 どんなLでも愛してます
■ LIVLY ■
Lって名前のリオンが住んでます♪

■ LINK ■
* 無断リンク失礼致します *
■ QUESTION & BATON ■
こちらから御自由にお持ち帰り下さい
Lを愛してる人への31の質問
配布中です♪
↑click hear
■ SEARCH ■
■ BARCODE ■
† L's cake & toy box † カムイ外伝 感想[2] Produced by 海羽 恵瑠 (みう めぐる) 
PR
 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ