忍者ブログ
DEATH NOTEのL・M・Nへの愛を語るブログです [※ネタバレ有り]


ああ~~☆☆今日こそは、
LCWのはずせないシーンのメモを書こうと思ってたんだけど、
やっぱり時間なさそうだったので、
今回は、先日読んだ『L change the WorLd』のレビューについて語ります。

 

※L change the WorLdのレビューについて語りますが、
この映画のネタばれなどは、語っていないつもりです。
只・・物語の中のイメージについて、抽象的に語っている部分があります。
それが気になる方は、読まないで下さい。
あと、何やら難しそうな話が苦手な方も、遠慮された方がいいかもしれません。
落ち着いて書いたつもりではありますが・・
多少、私の独断と偏見な意見があるのも否めないので、
さり気にこちらへ隠しておきます。



某通信販売サイト(笑ww)にて、LCWの批評を読んでました。

DVD発売前はそうでも無かった様に思われたんですが・・・
DVD発売後・・
レンタルでもこの映画を観れる様になってから・・と言った方がいいでしょうか?
何て言うか・・・

酷評が目立ちますね…!!!

・・本当にこの映画の評価が悪評そのものなら、
DVDの通常版・3枚組問わずに、等しく悪評が入るものだと思うのですが・・
通常版と、3枚組とでは、通常版の方が、酷い悪評が多い事から・・
多分、通常版の方に、先に誰かが入れた悪評に対して、
他の方が連鎖反応・・または、
模倣犯的な行為に陥っているんじゃないかと・・そんな気がしました。

あと、通常版の方に悪評が多いのは、
映画のDVDのみを観られた方・・
つまり、このDVDに3枚組のセットがある事を、あまり御存知ない方が、
てっとり早く見つかる通常版の方にのみ、評価を入れられた・・と推測されるので、
悪評は、レンタルDVDにて、この映画を観た方の意見が多いかと思われます。

只・・・
映画を観る為に、高いチケットを買い、わざわざ映画館に通った方や、
どうしてもこの映画を何度も観たくて、DVDを買われた方と、
興味本位にレンタルで、このDVDを観てみようと思われた方とでは、
この映画に対する、思い入れが違う・・
DVDの発売前、発売後のレビューの差には、
そういう差があるのかもしれないですね。

またその悪評の内容も、様々なんですが・・

原作DEATH NOTEから、話の趣旨が変わってしまっている事に対して、
残念がっている・・というものがありました。
死神が出てこなかった事に対しての意見もありました。
死神とデスノートが出てくる映画なら、
『L change the WorLd』じゃなくて、
タイトルに『DEATH NOTE』がついて然るべきだと思うんですが・・
あくまでこの映画は、“その後”の話であり、
『DEATH NOTE』本編の話ではないので、
死神とデスノートファンの方には、
そこを理解してもらわなければいけないでしょうね。

既に前作の、前編・後編でも、原作の設定を大幅に変えられているので、
映画DEATH NOTEに、原作っぽさを期待するべきではないと思うんですが・・
でもここは、原作ファンさんの意見を尊重しましょう・・。

後、脚本や演出が悪いといったものが多かったんですが・・
どの部分がどんな風に悪かったのか・・
どうすればよかったのか・・と言う事については、
あまり詳しく書かれてないんですよね・・
もう少し意味が解るように説明してあれば、
理解してあげられる部分もあったかもしれないんですが・・
残念ながら、どれもこれも陳腐な意見でした。

医学の専門知識のある方が、
ウイルスや、その病状について触れられて、憤られてる事もありましたが、
まぁ・・これは、“作りもの”のお話です。
実際にあるものではありません。
“デスノート”というノートでさえ、全くリアリティのないものなのに、
何故、ウイルスとか、そこだけリアリティに固執するのでしょうか??
そもそも映画に・・多少、リアリティがなくてもいいじゃないですか・・
それとも最近では、リアリティのないものは、認められないのでしょうか?
そういった方々はみなさん・・
例えば・・ガンダムみたいな巨大なロボットは、
ちょっと動かすだけで、ものすごく莫大な費用がかかると思うんですが・・
いちいちそんな事を考えながら、あのアニメを観ていらっしゃるんでしょうか??

あはは・・自分で言ってて馬鹿馬鹿しくなりましたwww
・・って言うか、話が大きくソレ過ぎましたwww

専門的な目から視て・・・
あの映画に、文学的に、医学的に、多少おかしい部分があったとして・・
その部分をいちいち取り上げて批判する事に、
一体、何の意味があるんでしょうか・・??
あの映画が一貫して訴えたい事は、

 ・・何が、どう変わったか・・

・・なのですよ。
誰が、どんな出来事が、何を変えたのか・・
その大きなテーマに沿って、
この映画が訴えたい事を、見極めてほしいと思います。
原作DEATH NOTEがどうであれ、
脚本や演出がどうであれ、
専門的な知識がどうであれ・・
映画が訴えたかった事は、伝わったのか、伝わらなかったのか・・
ソコが大事だと思います。
私は・・心が伝わらない映画こそ、本当の駄作だと思いますので。


そして・・
公共の場所にレビューを載せられる事は、
とても参考になるし、ありがたい事なんですが・・
マイナス意見を載せられる場合は、たったの一度や二度観ただけで、
載せてしまわれない様に、お願いしたいと思いました・・。
それを読んでDVDを観るのをやめてしまわれた方の中にも・・
もしかしたら・・
L change the WorLdを観て、感動してくれる方が、いたかもしれないし・・
残念な結果になってしまっただけ・・かもしれないんですよね・・。

映画は、一度観たくらいでは、全てを掴みきれないと、私は思います。
それは、私の映画を観る理解力などが、欠乏してるせいなのかもしれませんが(笑)
大抵の場合、一度観てから、もう一度観直すと、
最初観た時には意味不明だったものが解ってきたり・・
キャラクターの心理状態なども、更に深く解ってきたり・・
そういう全体的なものが解る様になって、初めて・・
その映画の内容を、深く理解出来る・・
私は、そう思っています。

人間だって・・初めて会った人の第一印象だけでは、
その人を深く理解する事は無理ですよね・・?
映画も同じだと思うんですけど・・
最初観た時、全てを理解出来ない映画は、ダメな映画なのですか??
私は・・アカデミー賞を取った映画ですら、
2回以上観て、理解する事にしてるんですが・・

あ・・★
それだとやっぱり、私の理解力が乏しいのが原因だって話に戻りますね~w

ま・・いいか・・☆ (・・実際、頭悪いのは事実だしwww)

私が言いたかったのは・・

L change the WorLdの悪評が掲載されている事に対して、残念に思っている・・
それは、好きな映画の悪口を書かれたから残念だというよりは・・
あの映画を観て・・

・・何もない無機質な所から、
そっと・・小さな灯りがついたように生まれた優しさが・・
少しずつ温かい愛情に変わっていく瞬間・・・

それを感じ取れなかった人が、ほんの一握りでもいる事が残念です・・・。

・・小さくとも・・そこに愛があるのに・・それが理解されない・・

こういうのも・・
ネットが横行しすぎたせいで、人間関係が希薄になりがちな現代の、
社会現象のひとつなんでしょうか・・・・
・・なんて話をし出すと、
論点を無理やり変えようとしていると思われそうですねw


只今回・・
ひとつだけ嬉しかった事がありますww

どんな酷評を言われる方も、
俳優・松山ケンイチに関しては、褒めていらっしゃいましたvvv
(陳腐な例外もありましたがw)
中には、こんな映画に出された松ケンが可哀想だという方も・・☆
はは・・それは勘違いだから大丈夫なのに・・
松ケンは、Lを演じられた事を、誇りに思ってるから・・vvv

別に松ケンは、Lに限らず・・
自分が演じた全てのキャラクターに誇りを持っていると思います。
だからあんなにも、全身全霊で、そのキャラに憑依出来るんだと思うんです。
そこだけは、たくさんの方に理解されているんでしょうか・・?
・・映画の悪口を言われても、松ケンだけは好演だったと言われる・・
そんな松山ケンイチくんを、改めて尊敬出来ました。


・・と言う訳で・・
失望と喜びが混在した、複雑な心境に陥ってしまった・・
そんな、L change the WorLd のレビュー・・・だったのでした。


・・・って言うか・・・
今回、こんな記事ですみません~~☆
何だか・・何かひとこと言いたくて・・☆
 

拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[485]  [484]  [482]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473

<< はずせないシーン③ HOME 一枚だけ違う >>
■ CALENDAR ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ Click募金 ■

東日本大震災
クリック募金

一日一回だけ
1クリックするだけで
募金が出来ます

■ PROFILE ■
L至上主義

Author : 海羽 恵瑠
     (MIU MEGULU)

 DEATH NOTEのLが好きです
 Lに恋をしてます
 原作のLが好きです
 アニメのLが好きです
 映画の松Lが好きです
 松山ケンイチくんも好きです
 ねんどろいどのLが好きです
 他のフィギュアLも好きです
 カッコいいLが好きです
 男前なLが好きです
 気持ち悪くて変なLが好きです
 負けず嫌いのLが好きです
 可愛いLが好きです
 どんなLでも愛してます
■ LIVLY ■
Lって名前のリオンが住んでます♪

■ LINK ■
* 無断リンク失礼致します *
■ QUESTION & BATON ■
こちらから御自由にお持ち帰り下さい
Lを愛してる人への31の質問
配布中です♪
↑click hear
■ SEARCH ■
■ BARCODE ■
† L's cake & toy box † L c W のレビュー Produced by 海羽 恵瑠 (みう めぐる) 
PR
 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ