忍者ブログ
DEATH NOTEのL・M・Nへの愛を語るブログです [※ネタバレ有り]


フジテレビの『ホンマでっか!?TV』に時折出てくる、
解説用のイラストのキャラクターの顔が、

なんとな~~く、Lっぽく見えてしまう・・

・・という病気にかかってますw
※海羽個人の意見です全然そうは見えなくても許してやって下さいw
・・で、ちょっと可愛く見えちゃって困ってますww
(ま、そこはかとなく変なので、ほっといてやって下さいww)


最近、PCにさわる時間もなくて、
ブログを更新する時間もなかったくせに、
映画を観に行く時間は作ってしまいました☆
ごめんなさいごめんなさい

・・で、
『誰かが私にキスをした』を観に行ってきました。

観終わった後、走り書き程度の、簡単な感想を書いたので、
とりあえずUPしておきますね。
ま~・・簡単な感想と言っても私の場合・・
多少くどくど書いちゃってますが・・ww

 

【注意書き】
『誰かが私にキスをした』の簡単なネタばれがあります。
ある意味、簡単過ぎて意味不明だと思うので、
この映画をまだご覧になられてない方は、
この感想を読むのは、御遠慮された方がよろしいかと思います。



『誰かが私にキスをした』感想


頭の怪我で、ここ4年間の間の記憶を失って、
自分に話しかけてくる人の事が分からなくて・・
それでも通り過ぎて行く人が、次々に声をかけてくる・・
何だか不思議な感覚・・な気分にさせる映画だと思いました。


ナオミの周りに・・

ユウジが爽やかに通り過ぎていく・・

エースが窓から顔を出す☆

ミライがいつも一緒にいる気がする・・


(松ケンファンなw)私的には、
ユウジがナオミと楽しそうにしてるシーンがすごくよくてvvv
ミライには、ナオミの事が好きでも、友達でしかいられないなら、
も~ちょっと遠慮してくれないかなぁ~~☆☆
・・とか思っちゃってて、(ごめんなさいごめんなさい)
エースに至っては、
ナオミのカラダ目当てで近付かないで下さい。
お願いだから早く消えて下さい~~☆
・・とか思ってました☆(ごめんなさいごめんなさい)


ユウジとの出会い・・
出会い方も何だか爽やかでミステリアスで・・
そういうのがやたらと素敵で・・vvv

カメラを手にしてる時は、すごく楽しそうでカッコいいのに、
彼には心に傷があって・・・
その傷が、ナオミとの間に溝を作ってしまう・・・
ナオミがユウジの事を好きになればなるほどに・・
切ないんですよね~・・・


ミライの事を、
最初は、恋人同志になれなかった幼馴染みたいな存在だと思って、
恋人になる事が出来ないなら、
ナオミの事は諦めた方がいいんじゃない??・・的に、
ちょっとウザったく思ってたんだけど・・
イヤーブックの事を語り合うふたりの価値観が、
ものすごく同じで、
なのに、ユウジの事や自分の事で、
その価値観を崩してしまうナオミに憤慨して・・
それでもナオミの事を『大嫌い』とは言えなくて・・
そういうミライの、
抑えても抑えてもこぼれ出してくる様な素直さを見てると、
だんだん彼の事が気に入ってきましたww


ユウジが療養所に行ってしまって・・
そこへ行くのに、ナオミが付いてきてほしがると、
最初は嫌がるくせに、結局付いてくるww
ユウジを呼び出してほしいと頼まれれば、
嫌がりながらも、聞いてしまう・・ww
ミライって・・惚れた弱みの塊みたいな人すぎてwww
性格が可愛過ぎて笑えながらも、癒されましたwww


結局・・・ユウジとは終わってしまった・・・

エースとは、記憶を失う前から、ギクシャクしてた?

だけどミライとは、記憶を失う前に、キスしてた・・・


そのキスは、どうでもいいキスじゃなくて、
ナオミにとっては、その時の答えだったのかな・・って。
ま・・ユウジに出会う前の話ではあったけど。

ナオミを見るエースとか、
ナオミを見ようとしない時のユウジは、
どこか・・ナオミより自分を見てる感じがあるんだけど・・
その点、ミライだけは、
最初から最後まで、ウィニーと付き合ってる時ですら、
意識がナオミに集中してた気がする。

何て言うか・・・
価値観が同じで、お互いに思いやれる人って、
一生、一緒にいられるくらい、最高のパートナーだと思う。
そういう意味で・・
ナオミは、エースとか、ユウジが通りすがっていく間にも、
ミライこそが、自分にとって一番大切な人だったんだって事に、
気付けたんだな・・って、そう思った。


ユウジとの別れが切なかったけど・・
ユウジの卒業式では、爽やかな別れ方でしたよね・・vv
それで思えたんだけど・・
ユウジって、不思議な風の様な人でしたねvvv
サーっと吹いてきて、目の前に現れたかと思えば、
つむじ風の様に、しばらく纏わりついてて・・
かと思えば、急に消えていなくなったり・・
更に手を伸ばしても掴めずに・・
気が付いたら、そのままいなくなったり・・
だけど卒業式の彼は、どこか春風の様だった。
通りすがりの風の様な人・・
爽やか過ぎて、カッコよすぎる・・vvv


最後には、ミライと一緒になれて、

よかった・・vvv

・・と、気持ちよく思えた映画でしたvvv

 

素敵な映画だった~・・vvv
不思議だな~・・と思えたのが、
普通なら、3人の男性から想われるなんてモテ過ぎだしw
途中、記憶を失っていたせいとはいえ、
その3人の中で揺れてるのも、浮ついてるかの様に思われそうなのに、
全然そういうドロドロ感とか、嫌な感じがなくって、
むしろ可愛い・爽やか・切ない・・だけを感じさせる映画だったなぁ・・ってw

堀北真希ちゃんの事は、前から何だか好きだったけど・・
(いろいろドラマとかも観てたしw)
何だか・・ますます好きになってしまいましたww
髪、長くても違和感なく可愛かったんだけど、
鏡の前で髪を切っていくシーンが、
どんどん可愛くなっていく感じで、すごくよかったです!!vvv
しばらくの間は、何かで真希ちゃんを見かけると、
この映画の事に想いを馳せてしまいそうですww

松ケンは、こういう不思議ミステリアスなキャラを演じるのが、
上手いっていうか、さすがですよね~vvv
ビジュアル的には、私、手越くんのファンじゃなかったのでw
松ケンのユウジだけがカッコよく見えちゃってvvv
(ちなみに一緒に観に行った友達は、手越くんのファンでもあるww)
ユウジの笑顔に、やたらとクラクラしてましたvvv

只・・
この映画、最初は、
堀北真希ちゃんと松ケンのW主役みたいな事言ってませんでしたっけ?
私には何だか・・
物語の構成上なのか、キャラクターの設定上なのか、
(上手く説明出来ませんが☆)
堀北真希ちゃんひとりが主役で、
松ケンは、アントンさんや手越くんと同等の役・・って感じに思えたんですが・・
(海羽個人の思い込み意見ですから~☆)
『L change the WorLd』以来、松ケンが主役の映画ばっかり観てきたせいか、
今回は初めて、松ケンに脇役以上主役未満を感じました。
そんな風に感じられた事だけが、何だか残念だったんですけど・・
ま、そんな事はさておき☆
松ケンのユウジは、本当~~~~にカッコよかったです!!!vvv

手越祐也くんですが、映画を観る前も、観た直後も、
しばらくの間は、あまり何とも思ってなかったのに、
久し振りにNewsの『Russ-K』のCMとか、
『Weeeek』のPVを観てたら・・
(※詳しくはこちらの記事でも 『何系でもない…DEATH系』
手越くんが、ミライにしか見えない~~www
何だか、ミライに見える手越くんが好きになってきましたwww
あ・・私、映画を観ると、その映画に出てきたキャラの俳優さんが
やたらと好きになってしまう病気にかかってますwww

渡部篤郎さんがパパって、いいなぁ~vvv羨ましいvvv
あんなにカッコよくて楽しいお父さんほしいwww



この映画・・
一度観て、どういう話なのか解った後で、
もう一度しっかり観てみたくなる様な映画でした。
今回の感想も微妙~だし・・(私にとってはねw)
もう一度観るか、DVDでも観てから、
ちゃんと感想を書きたいなぁ~・・とか思ってます。
(それを実現できるかどうか・・それこそが微妙ですがw)
 

拍手[4回]

■ CALENDAR ■
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■ Click募金 ■

東日本大震災
クリック募金

一日一回だけ
1クリックするだけで
募金が出来ます

■ PROFILE ■
L至上主義

Author : 海羽 恵瑠
     (MIU MEGULU)

 DEATH NOTEのLが好きです
 Lに恋をしてます
 原作のLが好きです
 アニメのLが好きです
 映画の松Lが好きです
 松山ケンイチくんも好きです
 ねんどろいどのLが好きです
 他のフィギュアLも好きです
 カッコいいLが好きです
 男前なLが好きです
 気持ち悪くて変なLが好きです
 負けず嫌いのLが好きです
 可愛いLが好きです
 どんなLでも愛してます
■ LIVLY ■
Lって名前のリオンが住んでます♪

■ LINK ■
* 無断リンク失礼致します *
■ QUESTION & BATON ■
こちらから御自由にお持ち帰り下さい
Lを愛してる人への31の質問
配布中です♪
↑click hear
■ SEARCH ■
■ BARCODE ■
† L's cake & toy box † 誰かが私にキスをした 感想 Produced by 海羽 恵瑠 (みう めぐる) 
PR
 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ